フォレスト・ミッションBLOG

林業の産業としての自立、そして林業に従事する人たちが誇りを持てるように、私たちは、自らが信じる、森林・林業のあるべき姿を、林業関係者の皆様と一緒に創造していきます。

未分類

新会社fewt地元財産区との森林整備事業が始動

投稿日:

 昨日は、私が居住する東急リゾートタウン蓼科に隣接する、北山湯川財産区と、株式会社fewtの長期施業受委託契約の調印式だった。自宅から車で5分ほどのところにある、湯川公民館の会議室で北山湯川財産区の総代や議長等の役員と(株)fewtの小宮山信吾社長、取締役の私、長嶋執行役員、そして、来賓として、東急不動産グループ企業である、東急リゾーツ&ステイの総支配人3人に立ち会っていただき、調印式を執り行った。

 北山湯川財産区は、この地域の財産区としては最大規模の、約600haの森林を保有する有力財産区で、東急リゾートタウン蓼科の総支配人の紹介で面識を得た。その後、当財産区が抱える森林整備・管理に関する諸課題を小宮山社長とともに聴き、その解決のためにお手伝いをさせていただく運びとなった。契約主体となった㈱fewtは、有限会社天女山(本社 山梨県北杜市 社員17名)の小宮山信吾社長と私が2年前に設立した、森林総合サービスを事業領域とする会社で、本社を長野県・富士見町に置いている。 

長期施業受委託契約調印後の記念写真 中央左側が小宮山社長、右側が湯川財産区の両角総代、
右端が長嶋啓貴氏 令和6年6月2日

 初めてお目にかかってから、湯川財産区の方たちとの信頼関係を築き、長期的な森林整備・管理に関する合意形成や行政機関を含む関係者との調整を経て契約に至るまで1年半の歳月を要した。私は小宮山社長や長嶋さんの奮闘を後ろから見守り、適宜助言をする立場だったが、その成果があり、大きな節目を迎えることができたことをとても嬉しく思っているところだ。もちろん、これは、長期間の森林整備・管理、そして利活用のスタートになるが、創業66年の林業会社の三代目であり、40歳の若き経営者、林業家である小宮山信吾さんを先頭に、地域の皆さんに喜んでいただける、いい仕事を積み重ねていってくれるものと期待している。

 天女山の活動拠点である山梨県北杜市と湯川財産区がある蓼科は、八ヶ岳の東と西の麓に位置し、森林の樹種もカラマツなど同一であり、1つの森林地域としての統一的な森林整備・管理が希求され、また、多くのリゾート地を擁することで、豊かな森林資源をベースにした地域振興が極めて大きなテーマになる。㈱fewt及び(有)天女山は、その一翼を担っていくことを社会的使命と確信し、今後、県境を越えた活動をしていくことになる。私自身は、これまで通り、林業経営コンサルタントとしての活動を継続しながら、蓼科においては、森林整備・管理、木材生産等の主体となる林業事業体の一員として、地域に根差した活動をしていくつもりだ。

-未分類

関連記事

響き合える友人との邂逅

 期末の仕事も、先日、実施した大分での支援案件の報告書作成を残すのみとなった。その構想を頭の中で整理しつつ、昨日、車で蓼科から三重県の津まで4時間かかって移動した。今日から、10年来のゴルフ仲間である …

団塊世代は同世代の狂気の愚行に何を思うのか

 今日、末期がんで死んだ、東アジア反日武装戦線の桐島聡と思しき男は、報道の限りだが、本人に間違いないだろう。神奈川県藤沢市の工務店に40年くらい住み込みで働いていたとのことだ。ということは、10年くら …

no image

新型コロナ禍での無力感の後に

 2月下旬に、出張で横浜湾に近いホテルに宿泊した際、何ともいえない「危機の予感」を感じ、その夜は眠れなかった。その頃は、まだ、新型コロナウィルスによる社会の混乱は生じてはいなかったのだが、時あたかも、 …

今期の案件は本日で完了見込み

 今日は、東急リゾートタウン蓼科内にある、「morigurashi」ワークラボの個室で、午前中は、助言書の作成をして、午後からは、オンラインで助言をすることになっている。いずれも、新潟県の森林組合案件 …

我が国の森林・林業について①

 先週、岐阜出張中、全国紙の記者から電話があり、「我が国の森林・林業について取材をさせてほしい」とのことだった。翌日、電話で1時間ほど、やり取りをしたのだが、その記者は、このブログを読んで私のことを知 …