フォレスト・ミッションBLOG

林業の産業としての自立、そして林業に従事する人たちが誇りを持てるように、私たちは、自らが信じる、森林・林業のあるべき姿を、林業関係者の皆様と一緒に創造していきます。

未分類

春は、すぐそこまで来ているが

投稿日:

自宅の裏山の様子(2024年3月21日撮影)

 2日続けての降雪となり、春分の日を過ぎても、この辺りはまだ冬の様相を呈している。昨日の朝は、スコップでヴィラ入口付近とゴミ庫前の雪掻きをした。写真は、自宅ヴィラの後背地にあるカラマツ林である。5年前のこの時期に、搬出間伐をしたのだが、施業のやり方があまりにひどかったため、管理者に抗議をして、林地残材等の片づけなどを要請したことがある。施工をした業者は、住宅が上下にあるというのに、荒っぽい作業道を入れて、専ら太いカラマツを伐採し、写真のように、劣勢木ばかりが目立つ、「貧相な森林」にしてしまった。

その顛末については、当時、このページにも書いておいた。別荘地内の森林は、植林した人工林であっても、生産林ではない。環境林ないし景観林、機能別でいえば、水源涵養、防災というところを重視して森林整備にあたるべきだ。その後、2年前にも、別荘地内の別のところで、同じ業者が出鱈目な間伐をやっていたので、その時は、私が別荘オーナーとして、また、林業に関わる者として、猛烈に抗議したら、その業者は逆切れし、悪態をつき、それっきり姿をみせなくなった。結果的に、私がその業者を追い出した形になったのだが、格好よくいうと、あのまま、その業者があんな調子で間伐もどきの「乱伐」を続けていたら、ここ蓼科東急リゾートタウンの美しい森林は、取り返しのつかない姿になり、別荘地としての価値が毀損されていたに違いない。

 後背地の森林をみて、思わず、5年前や2年前の森林整備のことを思い出した。森林・林業に関する知識がない人間ならば、写真のようなカラマツ林をみても、何ら問題意識を持たないだろう。幸いにして、この20年間、私は全国各地に赴き、林業事業体の経営支援や人材育成に携わりつつ、実務者や研究者の人たちと一緒に現地の森林をみる機会に恵まれた。写真の森林などは、「やってはいけない間伐」の典型のような事例だ。しかし、林業を専門にしている事業者と、施業の良し悪しに関してやり合うには、こちら側に相当の専門知識と見識、そして勇気が備わってなければならない。

 閑話休題、今回の降雪で、この近辺における春の到来はもう少し先になりそうだ。自宅から車で2分ほどのところにある、「蓼科東急ゴルフコース」は、通常であれば、すでに営業を始めている頃だが、今年は降雪と積雪が多く、このままだと3月30日(土)にオープンできるかどうかという状況だ。昨年、このゴルフ場に入会し、今年は、歩いてでも行ける、このゴルフコースでのゴルフライフを存分に楽しもうと思っているところで、今季の初ラウンドは、いつにしようかと楽しみにしているところだ。

 蓼科に転居して、9年目に入り、冬場の厳寒(気温がマイナス15度まで下がる)にも、体が慣れてきたところだ。温暖な和歌山県・紀南の生まれなので、とにかく寒さには弱く、かといって、東京や大阪などの都会の真夏も苦手で、総合すると、ここに来たのは正解だったと思っている。4月中旬あたりから11月中旬くらいまでの7か月間、とりわけ、真夏はとても過ごしやすく、その分、冬の厳寒は所与のものとして耐え忍ぶしかないのだ。個人的には、その冬が終わった早春、こちらでいえば4月初旬から中旬ごろになるが、この季節が気に入っている。あと10日もすれば、その季節になるのだろう。

 

 

 

-未分類

関連記事

我が国の森林・林業について①

 先週、岐阜出張中、全国紙の記者から電話があり、「我が国の森林・林業について取材をさせてほしい」とのことだった。翌日、電話で1時間ほど、やり取りをしたのだが、その記者は、このブログを読んで私のことを知 …

新たな時代の価値観に向けて

 ゴルフクラブのヒットシリーズである「XXIO」(ダンロップエンタープライズ)の新商品のコピーに次のようなものがあった。「時代は変わった。仕事中心から、自分の時間優先へ。付き合い重視から、自分に心地よ …

安倍元首相暗殺 文春砲第三弾

週刊文春3月2日号  昨日の夕方、軽く食事をしてから、ホテル近くのコンビニに寄って、週刊文春を購入した。文春砲第三弾はの見出しは、「安倍元首相暗殺 三つの死角」である。まず、毎週のように、「銃撃」では …

久々の大阪の夜にて

 昨夜は、大阪で支援先の会議があり、チーム・フォレストミッションの湯浅勲さんと共に出席した。真に森林・林業で森林整備や管理、木材生産等を実践し、また、木材を活用するプロフェッショナル同士の言葉のやり取 …

no image

A猪木への限りなき憧憬

 プロレス界のスーパースター、アントニオ猪木さんが逝去した。79歳、我々の世代のヒーローであり、その信条である「燃える闘魂」は、若き日の私自身の座右の銘だった。「猪木さんのような生き方をしたい。ずっと …