フォレスト・ミッションBLOG

林業の産業としての自立、そして林業に従事する人たちが誇りを持てるように、私たちは、自らが信じる、森林・林業のあるべき姿を、林業関係者の皆様と一緒に創造していきます。

未分類

「暗殺が成功して良かった」発言についての見解 その2

投稿日:2023年5月9日 更新日:

 島田雅彦氏は、私よりも3歳年下の62歳、いわゆる団塊の世代ではないが、思想的にはリベラル、かなりのレフトウィングである。問題の発言は、同じような思想を持つ、ジャーナリストの青木理氏、京都精華大学准教授の白井聡氏との鼎談の中で飛び出した。問題の発言の後、島田氏は、安倍元首相の選挙区の補欠選挙について、弔い選挙になって、結局坊主丸儲けだとも言っている。だから、有田芳生氏に投票する方がいいということにはならない。「坊主丸儲け」などというのは、そもそも、安倍晋三氏の最後の選挙だと言って奔走している昭恵夫人に対して、「暗殺成功云々」と併せて極めて失礼な発言である。

 島田氏は、自身のことを「リベラル市民」と呼称している。リベラルとは自由主義であり、そのまま日本語にすると「自由主義市民」ということになる。この場合の自由とは、あらゆる既存の枠組みや制約、システムからの自由ということになるが、その自由を履き違えると、「自由放任」「放縦」ということになり、何をしても言ってもいいということになる。少なくとも、我が国における自由のあり方は、「一定のルールや社会常識を順守した上での自由」であったはずだ。権力を全否定し、世の中の常識を逸脱して、勝手気ままにやるということであれば、それは、限りなく「アナキズム(無政府主義)」に近づいていく。

 また、島田氏は、先に挙げた文藝春秋の記事の中で、自身の小説に出てくる黒幕の口を借りて、こんなことを書いている。「アホな有権者目覚めさすにはショック療法が必要や。サーカスゆうても、空中ブランコでも像の曲芸でもない。民衆の不安、興奮、恐怖、感動を誘うスペクタクルのことや。戦争、祭典、犯罪、天災、疫病、支配者は権力を強化するためなら、何でも利用する」これは、ロシアの民衆を扇動してソビエト革命を起こした、レーニンの言辞とそっくりである。彼は、共産革命が、日本の世直しになる決め手だと思っているのだろうか。

小川榮太郎著「作家の値うち」(飛鳥新社 2021年)

 文芸評論家の小川榮太郎氏は、2021年12月に上梓した「作家の値うち」という本の中で、島田雅彦氏について、次のように評している。「私小説的な自己の主題への固執と、自己開放と。このバランスを取ろうとする初期の倫理的緊張は年ごとに薄れ、社会を描くパロディ・エンターテイメント路線に切り替えてからの退屈と不毛は無惨の一言に尽きる」実に辛辣な評論だが、要するに、初期の作品は良かったが、近年の小説はつまらないということだ。そもそも、「暗殺が成功して良かった」などと放言する人間の感性自体、すでに破綻していると思う。

 島田氏は、私よりも3歳年下で、彼のいうリベラル市民のボリュームゾーンである団塊の世代ではない。学生運動の経験もない世代である。問題発言の場に同席し、彼の発言を否定しなかった、ジャーナリストの青木理氏や思想家の白井聡氏も含めて、私よりも下の世代に、「暗殺を肯定するような人種」が変異的に存在することに慄然とするし、情けないと思う、そして、そんな人間が、大学で純粋な学生を教育したり、大手メディアで、多くの視聴者に向かって偏向した発信をしていることに違和感を禁じえないのだ。

-未分類

関連記事

東急リゾートタウン蓼科での植林事業がスタート

植林事業に先立ち、諏訪大社による安全祈願(令和6年6月3日)  昨日は、私が居住する、長野県茅野市の「東急リゾートタウン蓼科」の山荘解体跡地における植林事業の初日で、東急不動産からこの事業を受注した、 …

国語辞典とポメラ・Fireを持って旅に出てみよう

 17日は、茨城・常陸大宮の静ヒルズCCで、友人たちと楽しくラウンドした。冬場の運動不足もあり、ゴルフの調子は、まだ3割というところだが、キャディさんを交えて、いろいろな話をしながらゴルフをすること自 …

どんどん秋が深まってゆく

東急リゾートタウン蓼科内の紅葉  ここ蓼科は、すでに晩秋の風情である。自宅のある、東急リゾートタウン蓼科では、どんどん秋が深まり、朝晩はかなりの冷え込みになっている。日中は、18度くらいまで温度が上が …

no image

良き経営バランスの若手経営者に期待する

 さる3月27日に亡くなった父の埋葬があり、和歌山県・那智勝浦町の実家に滞在している。明日まで滞在して、明後日の朝、東京に向けて出発する。今回は電車での移動になるので、東京までは長旅になる。今期に入っ …

森林施業プランナー育成に関して想うこと

 民有林において、一定の集約化をした上で、森林整備(≒木材生産)及び森林管理を担う森林施業プランナーの育成が始まったのが、平成19年度(事実上はその前年度)だったから、この取り組みはまもなく丸13年に …