フォレスト・ミッションBLOG

林業の産業としての自立、そして林業に従事する人たちが誇りを持てるように、私たちは、自らが信じる、森林・林業のあるべき姿を、林業関係者の皆様と一緒に創造していきます。

未分類

東北での出張の合間に思うこと

投稿日:

 日曜日から、東北に入り、宮城県内での活動を続けている。今日は、移動日で、ホテルの部屋で原稿を書いたり、本を読んで過ごしたりしている。一昨日、7月8日は、安倍晋三元首相の命日だった。事件が起こった11時31分頃、ちょうど、訪問先で面談中だったが、心の中で、安倍元首相の冥福を祈った。この事件は、我が国の法治国家としての根幹が問われることになり、私自身は、この国は、すでにまともな主権国家ではないとまで思っている。警察当局は、事件の深層を隠蔽し、メディアはそれを追及しようともしない。「国民の知る権利」を著しく毀損しているとしかいいようがない。

故安倍晋三氏(享年67歳)

 来月、私は67歳になり安倍さんが暗殺された時と同じ年齢になる。彼は、昭和29年9月21日生まれで、私よりも3歳年長で、前にも書いたが、安倍さんが若手政治家のリーダーとして頭角を現してきた、2000年頃から、彼のことを常に意識するようになった。それから20年余り、近鉄大和西大寺北口で暗殺されるまで、安倍さんは、山あり谷ありの政治家としての人生を送り、第二次安倍政権では、県政以上最長の在任期間となって、政治改革・経済改革などを推し進めた。

 私は、その活躍を眩しくみながら、自分なりにできることを、営々とやって、小さな動きではあるが、自分なりの社会貢献というものを意識しながら、活動を続けてきたという自負がある。「安倍さんがいたから、頑張れた」とまではいわないが、その存在、その背中を遠くからみながら、自分自身も、やれること、やるべきこと、やらなければならないことに取り組んできたつもりだ。

 これからは、安倍さんの年齢を越えて、そして、彼のいないこの国で、自分の人生を前に進んでいかなければならない。この9月の総裁選で、三たび安倍首相の熟練した勇姿を待望していた自分にとっては、先だっての都知事選もほどなくやってくる衆議院選挙も、さらには、総裁選そのものにも、興味を失いかけている。改めて、安倍晋三という存在の大きさを実感している自分がいる。もちろん、安倍政権下における外交も含めた諸政策を全肯定することはなく、いろいろな局面で、戦略的なところと戦術的なところに齟齬をきたしたり、政策間での二律背反的なこともあったと考えているし、そこに葛藤が常在していたことも容易に想像できる。ただ、この国を良くしよう、強くしよう、国民の生活を豊かにしようといった姿勢で、奮闘したことは、永遠に顕彰していかなければならないことだろう。

-未分類

関連記事

伝説の作家、原寮氏の逝去…それで、思い出したこと

原寮氏の最新刊 「それまでの明日」(2018年3月)早川書房刊  ハードボイルド作家として、人気のあった、原寮氏が、今年5月に亡くなった。享年76歳だった。直木賞作家だが、寡作(長編小説は6作品のみ) …

親しい友人との再会を待つ

散策の途中でみえるカラマツ林  GWが近づいてくると、この長い休みの期間に何をしようか、いろいろと思案することになる。どこかに出かけるにしても、車は混んでいるし、ホテルも予約できなかったり、異常に高か …

no image

多忙な日々こそ存在理由の証

 先々週、先週と、宮崎県や東京、三重県など、あちこちに出張する日々が続いていて、久しぶりに連泊の移動と活動ということで、時間や案件に追われるという、半ば「嬉しい悲鳴」をあげているところだ。その合間に、 …

やっと本格稼働が始まる

 昨日は終日まとまった雨が降り、少し出かけただけで、あとは事務作業をした。今日は、見違えるような好天となり、仕事の打ち合わせもあって、また、このところ、ゴルフの調子も良くなってきたので、車で15分ほど …

中学時代にアルバイトをしたゴルフコースに行く

 一昨日、蓼科から車で7時間かかって、和歌山県・那智勝浦町の実家に移動した。1月以来、約半年ぶりの実家滞在になる。父は93歳、母は91歳になり、まだ、何とか自分たちで生活をしているが、とにかく高齢なの …