フォレスト・ミッションBLOG

林業の産業としての自立、そして林業に従事する人たちが誇りを持てるように、私たちは、自らが信じる、森林・林業のあるべき姿を、林業関係者の皆様と一緒に創造していきます。

未分類

やっと本格稼働が始まる

投稿日:

 昨日は終日まとまった雨が降り、少し出かけただけで、あとは事務作業をした。今日は、見違えるような好天となり、仕事の打ち合わせもあって、また、このところ、ゴルフの調子も良くなってきたので、車で15分ほどのところにある、三井の森のゴルフ練習場に行って、100球ほど打ってこようと思っている。写真のように、ツツジが綺麗な花を咲かせ、この辺りも、若葉の季節となった。

 コロナ禍の3年間は、対面での仕事が著しく制限され、私のように、現地に赴いて初めて成立するような職種は、オンラインでの代替があったとはいえ、甚だしい機会損失となった。すでに、コロナ禍の感染者数の発表にも人々の関心はいかず、マスクも自主規制となり、すっかり普段の経済活動や生活に戻った感がある。普段、マスクを着用するのは、病院はもちろんのこと、飲食店やスーパー、電車内など、一定の人混みがある場所や密閉されたところだけになった。

 新年度が始まり、仕事面でも、今年度は、明らかにこの3年間とは違う動きを実感しているところで、私の活動もかなり稼働率が向上してくるものと、内心期待をしている。その意味では、コロナ禍という期間は、本当に無意味で、過ぎ去ってしまうと、その期間の出来事を忘却してしまう程度の現象だった。しかし、その現象に翻弄されたり、人生を狂わされた人々がたくさんいて、特に、真面目に、そして懸命に生きている人に不幸をもたらしたことには、この現象は「絶対悪」と言わざるを得ないのだ。

 私などは、仕事量が激減し、会社の売上も比例して減少したが、新型コロナには一度も感染せず、健康被害もなかったので、また、ましな方だと思う。知人には、コロナで亡くなった人もかなりいるし、20年間の記憶を失ったり、持病が悪化して仕事ができなくなった人もいる。こうして、元気で活動できていること自体に感謝するべきであって、終わったことを悔やんでも仕方がない。前向きに生きていかなければならないと改めて気持ちを奮い立たせている。

 春は出逢いの季節でもある。コロナ禍の間に、森林総合サービスを企画・提供する、新しい会社を若いパートナーと一緒に設立し、その活動も始まっている。そして、これまでの活動の延長線上で、いろいろな出会いと交流が生まれ、それが、果実になるという期待や希望を醸成してくれている。やはり、どんな業種でも、長く、そして真摯に活動し続けることの重要さを再認識しているところだ。

-未分類

関連記事

別荘地における森林整備のあり方、その後の状況

 昨年8月2日に、このページで、現在居住している、信州蓼科の別荘地における森林整備について言及した。当初、原理原則に外れた施業をしていたので、管理会社に対して、エビデンスを示しながら強く抗議をしたとこ …

京都新聞社強欲オーナーには、哀しみしか感じない

京都新聞社本社(京都市中京区)筆者撮影  有力地方紙の京都新聞社のオーナーである、元顧問の白石浩子氏が、長年に亘り、勤務実態がないのに、総計19億円もの不当な報酬を得ていたとして、現役の記者らが同氏を …

都会に来ると、無性に森林が恋しくなる

私の職業は、他所に行って、経営などの助言をする仕事なので、その稼働率が向上すればするほど、収益は上がるし、自宅にいない日が多くなることになる。とにかく、特に平日は、どこかに行って、経営の助言をしたり、 …

オンライン研修・助言の可能性

東急蓼科リゾートタウン内のワークラボ・・・なかなか秀逸なデザインになっている  コロナ禍の2年間、各地への出張は、殆どなく、研修、セミナー、事業体への助言などを、オンラインで実施することがメインになっ …

隙間時間に読書をする日々で

 能登半島地震で亡くなった人にお悔やみを、また、被災した人にはお見舞いを心から申し上げたいと思う。元日の16時10分頃、ここ蓼科でも震度4のやや強い横揺れが1分余り続き、俄かに恐怖が走ったが、テレビを …