フォレスト・ミッションBLOG

林業の産業としての自立、そして林業に従事する人たちが誇りを持てるように、私たちは、自らが信じる、森林・林業のあるべき姿を、林業関係者の皆様と一緒に創造していきます。

未分類

映画カサブランカにみるダンディズムの極致

投稿日:

映画「カサブランカ」の画面

 毎年、GW中はどこにも行かず、自宅で過ごすことにしているが、この期間に欠かさずやっていることがある。それは、映画鑑賞だが、「カサブランカ」という名画を少なくとも3回は観ることにしている。以前は、DVDで観ていたが、最近は、Amazon primeで、吹替版と字幕版があるので、吹替版を1回、字幕版を2回観る。吹替版は、臨場感が希薄で、やはり字幕版で観るのがベストだ。

 カサブランカは、第二次世界大戦中、アメリカがドイツと闘っている最中の1942年に制作された映画で、ナチスドイツの支配下にあった、仏領のモロッコを舞台にしたものだ。ハンフリー・ボガード演じるリックが、夫と共に亡命してきたイングリッド・バーグマン演じるイルザを助け、アメリカに行かせる内容で、ストーリーは、至極単純なものだが、映画の中で、時々出てくる、ハンフリー・ボガードの「決め台詞」が格好良く、それを支持するファンが多い。

 主人公のリックという人物は、映画の設定では、40歳手前だが、何とも言えない貫禄というか風格がある。そして、何よりもかつて自分が愛し、自分から逃げた女性を許し助ける、それも、大義のためにという「男気」に溢れている。ストーリーはシンプルだが、私にとっては、この30年ほど、この映画を何回も観て、その都度、自分の生き方というものを省みて、その後の生き方を考える、とてもいい「参考資料」だった。

 是々非々という行動基準があって、リックは流れ着いたカサブランカで、人気店「リックスカフェ」を営みながら、そういう生き方をしている。しかし、一見冷徹で自分のことしか考えていないようで、実は人情に厚いという一面もある。資料をみると、ハンフリー・ボガードは、1899年生まれ、映画が制作された1942年の時点では43歳だった。そして、銀幕で活躍した後、1957年に57歳で亡くなっている。ちなみに、身長が175センチで、これだけが私と共通している。

 カサブランカでのハンフリー・ボガードの所作を、後世の人々は「ダンディズムの極致」と評し、カサブランカは、彼の代表作となり、公開から80年経った今でも、多くの人に愛されている。自分のことだけを考えるのではなく、愛する人、そして、もっと広範な人々の幸福を願って行動する。そこに、我々は限りない憧憬を抱くのだろうと思う。つまり、ハンフリー・ボガード演じるリックは、我々にとっての「なりたい姿」であり、男の理想像なのだ。

 とはいえ、我々には日々の生活があり、格好のいいことばかり言ってもいられない。そこには、現実という「重い軛」が横臥している。生きていくというのは、すなわち日々の葛藤との闘いであり、ともすれば、妥協と諦観の繰り返しである。私でいえば、映画「カサブランカ」を何度も観るという行為は、一種の儀式なのだと思っている。映画を観ながら、自分自身の現実を客観視して、ある時は懺悔をしたり、またある時は自身の行動の正しさを確認したりする。

 この映画は、GW以外でも、折に触れて何度も観ることにしている。そのたびに、思うところもあり、新たな気づきもある。私にとって、カサブランカ、そしてハンフリー・ボガードは、雄弁な教師であり、優れたメンターでもあるのだ。

 

-未分類

関連記事

ウッドショックは山側に利益をもたらしているのか

 2年間に及んだ、コロナ禍がウッドショックなる現象をもたらし、森林・林業界にもさまざまな影響が及んでいる。最近の状況を関係者に聴くと、例えば、搬出間伐では、木材価格の上昇で、森林所有者に対する精算金が …

長く続けることの意義とは

 昨日は、福島県の古殿町での、「新たな林業モデル実証事業」の現地検討会に参加した。皆伐再造林の効率・低コスト化、原木のトレサビリティ明確化による付加価値の向上などに取り組んでいる。事業の主体となってい …

安倍晋三元首相の死に思うこと

既報のように、安倍晋三元首相が、奈良市内で応援演説中に、山上某という男に銃撃され亡くなった。享年67歳、昭和29年生まれで、私よりも3歳年長、同世代である。一昨日、テレビの速報で、この惨劇の報を知り、 …

首都圏の電車内でのスマホ使用率は71%

 今年初めての出張ということで、午後一番のあずさ号に乗り、茅野→立川→西国分寺→武蔵浦和→大宮→新白河という行程で、午後5時前に、福島県の新白河駅に着いた。今日は前泊で、明日、古殿町というところで、林 …

no image

ちょっとした小旅行で…

 今週は、研修案件が入る想定をしていたが、延期になった。それで急遽思い立って、独りで小旅行を企画し、昨日、蓼科から千葉県の野田市まで、約4時間かかって車で移動し、現地のホテルに泊まった。今日は、名門の …