フォレスト・ミッションBLOG

林業の産業としての自立、そして林業に従事する人たちが誇りを持てるように、私たちは、自らが信じる、森林・林業のあるべき姿を、林業関係者の皆様と一緒に創造していきます。

未分類

父が天寿を全うする

投稿日:

父逝去、実家で数日過ごす(和歌山県・那智勝浦町にて)

 24日に和歌山県・那智勝浦町の実家に移動し、そのまま滞在している。昨夜、2週間前から入院中だった父が、老衰のため逝去した。享年94歳だった。容態が安定しかかっていたため、一旦、蓼科に戻ろうとしたのだが、昨夜、息を引き取った。コロナ禍で面会はできなかったが、何とか看取ることができて、良かったと思っている。

 私は三人兄弟の真ん中、二男で高校まで故郷にいたが、それ以来、ずっと外で生活をしていて、時々、戻ってくるような立場だった。いつの間にか、両親を見送る年齢になった。94歳の父が逝き、92歳の母が基本的に独り暮らしになるので、これからは、時々、こちらに来て、一緒にいる時間をできるだけ長く持つことにしたいと思っている。蓼科から車で、これまで6時間半くらいかかっていたのが、自動車専用道路が熊野市まで延伸したので、約30分くらい所要時間が短縮されて、6時間弱でこれるようになった。

 仕事の方は、どこにいてもできる時代になった。ネット社会の恩恵であり、また、我々のような職業は、ノウハウ商売であり、プロフェッショナルなところと、長年培った経験値でもって、全人格的な経営支援や人材育成をする、そこにマーケットからの大きな期待や負託に応えるという醍醐味があるのだ。世情が厳しくなればなるほど、我々の活動は重要性ともっといえば社会性を帯びる。

 京都の放送局を36歳で退職してから、ずっと一匹狼で生きてきた。そして、経営コンサルタント、とりわけ我が国唯一の林業専門の経営コンサルタントとして、20年近く奮闘してきた。有事の時代こそが、私の能力を最大限に発揮できる機会だと思っている。コロナ禍、ロシアのウクライナ侵攻に端を発した世界的な、地政学的、政治的、経済的混迷は、我が国においても、深刻な生き残り、競争戦略における、企業・組織・個人の、これまでとは違った行動原理の確立と実行をそれぞれに突きつけている。

 

-未分類

関連記事

久々の遠出で気分も軽くなる

 このところ、オンラインでの研修やセミナー、助言などが多く、出張の機会も殆どなかった。昨夜、車で水戸まで4時間半かけて移動し、駅前のホテルに泊まった。水戸の駅前では、簡易な居酒屋で、若い人たちが楽しそ …

「心の友」がいない寂しさ

 今日は、学生時代からの親友だった伊住政和君の命日である。存命であれば、61歳になっている。茶人としても、文化人としても、まさに、これからが旬という年齢である。それなのに、彼は17年前、44歳という若 …

no image

梅雨入りは、仕事入りの時期

 今年は、梅雨の到来が例年よりも早くなりそうで、ここ蓼科も、昨日あたりから、そういう梅雨を思わせる天候になっている。ただしかし、ここの梅雨は、ジメジメとした感じはなく、雨が夜に降ったり、それほど湿度が …

別荘地における森林整備のあり方、その後の状況

 昨年8月2日に、このページで、現在居住している、信州蓼科の別荘地における森林整備について言及した。当初、原理原則に外れた施業をしていたので、管理会社に対して、エビデンスを示しながら強く抗議をしたとこ …

今期の出張が終わり春に向かう

 昨日、出張先の鳥取から車で戻ってきた。一昨日は、午後3時に仕事が終わったこともあり、そのまま蓼科に戻ると深夜になってしまうこともあって、神戸の有馬温泉に後泊し、束の間ではあるが、久しぶりに有馬の湯に …