フォレスト・ミッションBLOG

林業の産業としての自立、そして林業に従事する人たちが誇りを持てるように、私たちは、自らが信じる、森林・林業のあるべき姿を、林業関係者の皆様と一緒に創造していきます。

未分類

父が天寿を全うする

投稿日:

父逝去、実家で数日過ごす(和歌山県・那智勝浦町にて)

 24日に和歌山県・那智勝浦町の実家に移動し、そのまま滞在している。昨夜、2週間前から入院中だった父が、老衰のため逝去した。享年94歳だった。容態が安定しかかっていたため、一旦、蓼科に戻ろうとしたのだが、昨夜、息を引き取った。コロナ禍で面会はできなかったが、何とか看取ることができて、良かったと思っている。

 私は三人兄弟の真ん中、二男で高校まで故郷にいたが、それ以来、ずっと外で生活をしていて、時々、戻ってくるような立場だった。いつの間にか、両親を見送る年齢になった。94歳の父が逝き、92歳の母が基本的に独り暮らしになるので、これからは、時々、こちらに来て、一緒にいる時間をできるだけ長く持つことにしたいと思っている。蓼科から車で、これまで6時間半くらいかかっていたのが、自動車専用道路が熊野市まで延伸したので、約30分くらい所要時間が短縮されて、6時間弱でこれるようになった。

 仕事の方は、どこにいてもできる時代になった。ネット社会の恩恵であり、また、我々のような職業は、ノウハウ商売であり、プロフェッショナルなところと、長年培った経験値でもって、全人格的な経営支援や人材育成をする、そこにマーケットからの大きな期待や負託に応えるという醍醐味があるのだ。世情が厳しくなればなるほど、我々の活動は重要性ともっといえば社会性を帯びる。

 京都の放送局を36歳で退職してから、ずっと一匹狼で生きてきた。そして、経営コンサルタント、とりわけ我が国唯一の林業専門の経営コンサルタントとして、20年近く奮闘してきた。有事の時代こそが、私の能力を最大限に発揮できる機会だと思っている。コロナ禍、ロシアのウクライナ侵攻に端を発した世界的な、地政学的、政治的、経済的混迷は、我が国においても、深刻な生き残り、競争戦略における、企業・組織・個人の、これまでとは違った行動原理の確立と実行をそれぞれに突きつけている。

 

-未分類

関連記事

「書く」という営みを続ける

 大学に進学した頃、私は将来の職業を「高校教師」と定めていた。それは、祖父や父が教師であり、また教育者であったことと無関係ではなく、他に選択肢を考えていなかったこともあるが、それもあって、学部も文学部 …

より有益な助言をしていく

 このところ、いろいろなところから、仕事のオファーや問い合わせをいただき、例年よりも早く、具体的な動きが出てきている。昔ながらの「仕事人間」の私にとっては、とても嬉しいことで、リモートワークの定着がそ …

正しいことを普通に実行する

 報道によると、山梨県森林組合連合会が運営する共販所(木材市場)で、連合会自身の不正入札があり、会長以下の役員が管理監督責任をとって辞任、当該職員が停職などの懲戒処分となったということだ。明日から、山 …

中学時代にアルバイトをしたゴルフコースに行く

 一昨日、蓼科から車で7時間かかって、和歌山県・那智勝浦町の実家に移動した。1月以来、約半年ぶりの実家滞在になる。父は93歳、母は91歳になり、まだ、何とか自分たちで生活をしているが、とにかく高齢なの …

観光・別荘地における森林整備のあり方・・・明確な思想が必要

 4年前から居住している、蓼科の別荘地はカラマツを中心に、アカマツや白樺、ナラなどが混交する森林の中にある。植林したカラマツは、切り株をみたところ、だいたい50年から55年生くらいである。こちらに来た …