フォレスト・ミッションBLOG

林業の産業としての自立、そして林業に従事する人たちが誇りを持てるように、私たちは、自らが信じる、森林・林業のあるべき姿を、林業関係者の皆様と一緒に創造していきます。

未分類

新型コロナ禍での無力感の後に

投稿日:

 2月下旬に、出張で横浜湾に近いホテルに宿泊した際、何ともいえない「危機の予感」を感じ、その夜は眠れなかった。その頃は、まだ、新型コロナウィルスによる社会の混乱は生じてはいなかったのだが、時あたかも、横浜港でのダイヤモンド・プリンセス号での新型コロナウィルスのいわゆるクラスターが大きな問題になっていた。海外のニュースサイトをチェックして、このウィルスの感染力の怖さを実感し、ちょうど、東京での屋形船の集団発生なども騒がれていたので、直感的にこれはこれからえらいことになると思った。

 それから先は、ひたすら、この未曾有の「国難」ともいえる事態を見守りつつ、早期の収束を願いながら、ただ、「ウィルスを移さない、移らない」という自衛をする以外に、何もできない自分自身を含めた経営コンサルタントという職業者そのものの無力さを感じながら、自粛の生活を送ってきた。緊急事態宣言は解除され、都道府県をまたぐ往来自粛も解かれたが、肝心の東京での感染者が後を絶たず、現状では全く予断を許さない局面に、いまだに瀕しているといえる。

 私の事業領域である森林・林業は、世の中が正常に動いているということを前提に業として成立する「業」である。国土の7割を占める森林を守っているという意味では、社会的に極めて重要な役割を担っているのだが、住宅などの原材料となる木材を供給しているビジネスという点では、市場の動向に大きく左右される「他力本願的な」面を否めず、また、公的な補助金なしでは成立し得ない脆弱な経営基盤でもある。要は、世の中がうまくまわってこその林業なのだ。

 本当は、完全に新型コロナウィルス禍が収束するまでは、下手に動けないと思っていたのだが、案件も含めて周囲が少しずつ動き出したので、自分自身も来月から活動を本格再開することにした。このブログも同様に再開して、いろいろと発信をしていこうと思っている。新型コロナの第二波、第三波が来るのは、素人の私でも十分に予測できるし、我々国民や企業は、それを前提とした「生き残り策」や活路を見出して行動していかなければならない。

 幸いにして、私自身は、新型コロナウィルスにも遭遇せず、体調は良く元気である。苦しい時に助け合える仲間もいる。自分ができること、やるべきこと、求められていることなどを突き詰めて、自らを鼓舞しながら、前に進んでいきたいと思っているところだ。

-未分類

関連記事

林業は本当に絶望的なのか

「絶望の林業」(田中敦夫著 新泉社)という本が、林業関係者の間で話題になっている。私も早速読んでみた。そして、チーム・フォレストミッションのメンバーにも、読むことを勧めた。私個人は、著者の森林ジャーナ …

新たな時代の価値観に向けて

 ゴルフクラブのヒットシリーズである「XXIO」(ダンロップエンタープライズ)の新商品のコピーに次のようなものがあった。「時代は変わった。仕事中心から、自分の時間優先へ。付き合い重視から、自分に心地よ …

経営コンサルタントの弟子達との年1回の邂逅

 今日は東京に出張し、案件をこなした後、私の経営コンサルタントの弟子達が1年に1回、集まって開催してくれている、私を囲む会の会場に出かけた。福岡、滋賀からも、2人がこの機会のために駆けつけてくれた。大 …

都会に来ると、無性に森林が恋しくなる

私の職業は、他所に行って、経営などの助言をする仕事なので、その稼働率が向上すればするほど、収益は上がるし、自宅にいない日が多くなることになる。とにかく、特に平日は、どこかに行って、経営の助言をしたり、 …

若手経営者との実のある対話

 先週の経営者向け研修には、30歳代から40歳代の経営者が参加し、林業事業体の経営について、共に真剣に考える場となった。いつの頃からか、私の役割において、経営層に対して、経営というものを語り、現状の経 …