フォレスト・ミッションBLOG

林業の産業としての自立、そして林業に従事する人たちが誇りを持てるように、私たちは、自らが信じる、森林・林業のあるべき姿を、林業関係者の皆様と一緒に創造していきます。

未分類

正しいことを普通に実行する

投稿日:

 報道によると、山梨県森林組合連合会が運営する共販所(木材市場)で、連合会自身の不正入札があり、会長以下の役員が管理監督責任をとって辞任、当該職員が停職などの懲戒処分となったということだ。明日から、山梨県内で仕事をすることになっており、嫌でもこの件に触れることになるだろう。入札者と開札者が同一人物で、その者が他の入札者が入れた金額をみて、それに上乗せをして落札したというのだから、開いた口が塞がらない。

 これまで、各地の森林組合連合会や森林組合が運営する共販所を訪問し、話を聴いてきたが、入札を専ら担当する連合会が自ら「買い方」になって入札に参加するというようなケースはこれまで聞いたことがなかった。私が知らなかっただけかもしれない。但し、その場合は、開札する者と入札する者を明確に分けて、利害関係を一切排除しなければならない。その辺のところは一体どうなっていたのだろうか。

山梨県森林組合連合会の共販所(2019年11月撮影)

 山梨での研修などの際は、山梨県森連の共販所の入札室を研修の会場としてよく使わせてもらっている。その際に、連合会の人たちと親しく話をしたりもする。年末に訪れた際には、いつも会場を気持ち良く貸してもらっているお礼にと持参していたギターで「あずさ2号」を弾き語りして、職員の人たちに喜んでもらったばかりだ。職場も和やかな雰囲気で、家族的経営という森林組合系統のいいところを実感していたばかりなのに・・・。

 コンプライアンスの遵守などという、小難しい話ではない。ごく常識的に、社会通念上、おかしいということはやってはいけない。その人自身が、正しい、間違っていないということを、普通にやっていけばいいだけのことだ。森林組合の人たちは、日々、真面目に、正直に業務に臨んでいる。そのことは、この業界で外部の者として、おそらく最も森林組合のことを知悉している私自身が、よくわかっていることだ。その森林組合、連合会の強みの一つは「長年培ってきた社会的信用」ではなかったのか。

 「正しいことを普通に実行していく」、間違ったことはやってはいけない。その上で、公的な補助金を活用して、林業を営んでゆく。そうして、真面目に頑張っている人たちを、誰も批判はしない。あり得ない不始末を、本当に稀にやってしまうことで、それまでに気の遠くなるような時間と労力を費やして築き上げた信用が地に堕ちてしまうのだ。山側に軸足を置く者として慚愧に堪えない。と同時に、そういうことを完全に撲滅するために、私自身の活動がまだまだ続くのだと心底思ったりするのだ。

-未分類

関連記事

人間の縁は、げに深淵なるもの

 私自身、これまでの人生で、私生活はともかく(離婚経験が複数回ある)、ビジネスにおいては、人の縁をことさら大事にしてきたと自負している。曰く、「人の縁とは、先方から切られた場合は仕方がないが、自分から …

林業は本当に絶望的なのか

「絶望の林業」(田中敦夫著 新泉社)という本が、林業関係者の間で話題になっている。私も早速読んでみた。そして、チーム・フォレストミッションのメンバーにも、読むことを勧めた。私個人は、著者の森林ジャーナ …

ずっとあの頃のままで・・・

 先週の水曜日、東京・西麻布で、音楽評論家の富澤一誠さんと10数年ぶりに歓談し旧交を温めた。富澤一誠さん(以下一誠さんと呼ばせていただく)とは、私が近畿放送東京支社に勤務していた、今から34年前、28 …

チームフォレストミッションの強みとは

森林施業プランナー研修や現場技能者研修をやっていて、つくづく実感するのは、プランナーも現場技能者も林業における技術者であり、林業を実践する人だということだ。そして、その現場で林業に従事する技術者に対し …

チームF、千葉で始動する

 先週は水曜日から金曜日まで、千葉のプランナー研修だった。いわゆる、2次研修というもので、1日目は終日、現場に入り、搬出間伐など森林整備を設計する能力を向上させる実習と、効率的な作業道を設計する能力を …