フォレスト・ミッションBLOG

林業の産業としての自立、そして林業に従事する人たちが誇りを持てるように、私たちは、自らが信じる、森林・林業のあるべき姿を、林業関係者の皆様と一緒に創造していきます。

未分類

親友の命日、京都・大徳寺にて

投稿日:

京都・大徳寺の境内(2024年2月2日)

 昨日は、学生時代の唯一無二の友人で、社会人になってからも、親しく交流してもらった、伊住政和君の21回目の命日だった。この日だけは、何を置いても、彼の墓前にお参りをして、25年間いろいろと親しくしてもらった感謝の気持ちを込めて、また、その後の自分の活動などの報告を、毎年、彼に報告するようにしている。彼は、存命であれば65歳、さぞかし、いい佇まいの茶人や文化人になっていたに違いない。

 例年通り、彼の墓がある塔頭に入り、係の人に「伊住さんの学生時代の友人です」と挨拶して、彼の墓に行き、そこでしばらく佇み、いろいろとその墓前に話しかけた。そして、そのまま帰路につこうとした際、山門前で、彼の従兄弟である大谷裕巳さんにばったり会い、「坪野さん、中に入ってもらわんと」と、親族の方々が参列する法要に列席させていただくことになった。一周忌と3回忌には、参列させていただいたのだが、以後はお参りだけさせていただいていた。

 法要の席で、彼の父である千玄室大宗匠やお兄さんの千宗室家元、夫人や息子たち、大谷さんたち従兄弟の方々と久しぶりにお目にかかることができた。政和君の特に親しい友人ということで、家族同様に良くしていただいた学生時代から40数年の歳月が経過しても、あの頃のことは、私にとって忘れ得ぬ良き思い出となっている。玄室大宗匠は、御年百歳とは到底思えないほど、矍鑠とされており、これからも伊住政和君の分まで長生きをされるのだろう。

 一昨日の夜は、四条烏丸のホテルから寺町通まで歩き、35年来親しくしている洋服店に立ち寄り、仕事用のジャケットを購入した。今愛用している、バーバリーのジャケットをとても気に入っていて、まさに「一張羅」として愛用しているのだが、このジャケットもそろそろ草臥れてきたので、別のものを探していたところで、1年ぶりにこの店を訪れたということもあり、馴染みの店員さんから勧められるままに冬物のジャケットを買ってしまった。京都は、学生時代と近畿放送での期間を合わせて12年半ほど住み、さまざまな思い出の詰まった街である。彼の命日には、必ず京都にきて、少し滞在することにしている。来年もまた、この時期に来て、彼の墓前にいい報告をしたいと思っている。

-未分類

関連記事

森林所有者の無関心化には加速がかかっている→時間がない

 森林組合の経営診断などで、組合員のヒアリングをすることが多いが、そもそも、そういうところに出てくる人は、まだ、森林に対して関心を持っている方である。父親が植林をしたとか、自分自身も若い頃は、下刈りと …

京都で入手したロックグラスで

京都・寺町でみつけた作家もののロックグラス  先週木曜日に、京都・寺町商店街に行った際、ふと通りかかった元工具店に、写真のグラスが展示されているのをみつけ、手に取ってみた感じが良かったので、これを購入 …

no image

オンラインでの経営相談、原則として無料でやります

 コロナ禍がもたらした、ビジネス手法の1つとして、オンラインによるコミュニケーションというものがある。昨年から、セミナーや面接、助言などで、試験的にしろ、何回かやってきたが、結構有効なツールだし、いろ …

新潟で経営者向けセミナー

新潟県・林業事業体経営管理改善トップセミナーにて(新潟自治会館)  昨日、東京経由で新潟に移動し、今日午後から、林業事業体経営管理改善トップセミナーに臨んだ。新潟での仕事は、実に7年ぶりである。今日の …

森林組合はきちんと本業で儲けなければならない

ある森林組合の事務所(長野県)  いまから9年前、「森林・林業再生プラン」森林組合改革・民間事業体育成検討委員会の席上、委員だった私は、多くの委員が、我が国の私有林において森林整備が進まないのは、森林 …