フォレスト・ミッションBLOG

林業の産業としての自立、そして林業に従事する人たちが誇りを持てるように、私たちは、自らが信じる、森林・林業のあるべき姿を、林業関係者の皆様と一緒に創造していきます。

未分類

良き経営バランスの若手経営者に期待する

投稿日:

 さる3月27日に亡くなった父の埋葬があり、和歌山県・那智勝浦町の実家に滞在している。明日まで滞在して、明後日の朝、東京に向けて出発する。今回は電車での移動になるので、東京までは長旅になる。今期に入って、各種委員会への参画が増えて、いろいろな事業において、意見を言ったり審査をしたりすることが多くなった。一応、全国各地の事情に通じているということと、森林・林業の現場をみて歩いているという「強み」もあり、さまざまな事業の委員として声がかかるというのは、ありがたいことだと思っている。

 以前から、若い世代の経営者たちと交流することが多くなっている。全国各地なので、実にいろいろな経営者がいるが、私が林業事業体の経営者として好ましいと思う人材は「経営バランスのいい人物」である。長年、多くの経営者と付き合っていると、その人が「バランスがいいか、そうでないか」は、10分も話せばすぐにわかる。バランスのいい経営者は、話をしていても、発展的、かつ建設的で無駄がなく、多分、結論を出すのも速い。

 それと、経営者としての存在理由として決定的なのは、「嘘をつかない」ということだ。少しくらい話を飛ばすのはいい。先だって、石川県の人と話しているときに、「彼は話を盛ることが多い」という表現をしていたが、ほぼ同じ意味らしい。見栄を張ったり、自分を大きく見せようとする、それは、むしろ、経営者としては、身に着けておくべき処世術ともいえる。

 私が「けしからん」と思うのは、明らかな嘘を平気でつく人間である。それが経営者であれば、その企業は多分にブラック企業であろう。それも、すぐにバレるような嘘をペラペラとのたまう。経営コンサルタントと呼ばれる人間にも、そういうのがウヨウヨいるが、害悪以外の何物でもない。嘘をつく人間は、とにかく顔相が悪い。

 自分に正直に生き、他人にもやさしい人間は、いい顔をしている。歳を重ねれば、重ねるほど、もっといい顔になっていく。私もそうなりたいと思って、これまで生きてきたが、傍目にはどう映っているのだろうか。経営者は、とにかく、「経営バランスの良い人」が一番だ。林業でいえば、ベースは、真っ当な育林や間伐をする、そして、儲ける時は、きちんとした施業でもって利益を確保する。そのメリハリが重要だ。金儲けだけにまい進し、森林を壊して平気でいる者(もの)は、醜悪でしかない。

-未分類

関連記事

経営コンサルタントの存在理由の最たるものとは

私の職業は、いわゆる経営コンサルタントである。それも、林業に専門化した林業経営コンサルタントと自称している。正直なところ、経営コンサルタントという名称は好きではない。玉石混淆であり、人間的にまともなの …

祖父が遺してくれた金言

 私の父方の祖父は、生涯教育者だった。慈愛の教育を説いたペスタロッチを敬愛し、「鉄拳なき教育」を貫いた偉大な教育者だった。苦学して広島高等師範学校を卒業し、大東亜戦争中は、大政翼賛会の和歌山県事務局長 …

久々の遠出で気分も軽くなる

 このところ、オンラインでの研修やセミナー、助言などが多く、出張の機会も殆どなかった。昨夜、車で水戸まで4時間半かけて移動し、駅前のホテルに泊まった。水戸の駅前では、簡易な居酒屋で、若い人たちが楽しそ …

オンライン研修・助言の可能性

東急蓼科リゾートタウン内のワークラボ・・・なかなか秀逸なデザインになっている  コロナ禍の2年間、各地への出張は、殆どなく、研修、セミナー、事業体への助言などを、オンラインで実施することがメインになっ …

カラマツ落葉に雪が追いかける

 ここ蓼科は、朝はマイナス6度くらいまで冷え込み、ひたすら冬に向かっている。今年の冬は、かなり厳しくなりそうだと、地元の人たちも言っている。雪が深くなるというよりは、底冷えがきつくなりそうだということ …