フォレスト・ミッションBLOG

林業の産業としての自立、そして林業に従事する人たちが誇りを持てるように、私たちは、自らが信じる、森林・林業のあるべき姿を、林業関係者の皆様と一緒に創造していきます。

未分類

晩秋の見事な紅葉にタイガーウッズの情熱を重ね合わせる

投稿日:2019年10月29日 更新日:

 ゴルフの話で恐縮だが、日本で初めて開催された、米ツアーで、タイガーウッズが見事に優勝した。ありきたりな表現だが、私自身もタイガーウッズのファンである。フィル・ミケルソンも好きだが、あまりにエリート過ぎて、心底応援する気にはならない。タイガーこそが、愛すべき、そして尊敬すべきプロゴルファーだと思っている。今回の日本での優勝で、サムスニードと並ぶ82勝という最多優勝記録に並ぶという偉業を達成した。

 周知の通り、タイガーウッズは女性問題などで社会的に叩かれ、体調を崩し、一時期は再起不能とまでいわれた。スポーツ選手であれ、アーティストであれ、芸能人であれ、プロフェッショナルは、自身の専門領域で輝いて、ファンやスポンサーの応援に応えるのが本筋である。それと関係のないことで、バッシングされて、本業の部分まで潰えてしまうようなことはあってはならないと思っている。タイガーは、グリーンの上で輝けばいいだけのことだ。犯罪行為はダメだが、プライベートなところまで世間の目に晒され批判されることはない。

 どん底から、奇跡的に復活した尊敬すべきプロのアスリート、それがタイガーウッズだ。テレビでみる彼の表情には、ゴルフに対する情熱があり、また、自分の生きざまに対する「悟り」のようなものを感じた。その姿は、彼のショットと同様に、とても眩しく美しかった。その姿に感動した人はたくさんいたと思う。大きな挫折から這い上がって、また、第一線で活躍している。そのことに勇気づけられたり、励まされたのは私だけではないだろう。

蓼科でみた見事な紅葉

 昨日、自宅近くのゴルフコースで、目にも鮮やかな紅葉をみた。その鮮烈な美しさに感動したが、同時に、秋空に映える紅葉の赤に、タイガーウッズのゴルフへの情熱を重ね合わせた。赤は彼の勝負色である。今回のツアーの最終日も、赤のポロシャツを着用していた。そして、燃える情熱でありながら、何となく優しいのである。「優しさは強さの裏返し」といわれる。昔、角川映画のキャッチフレーズは、「男はタフでなければ生きていけない。やさしくなければ生きている資格はない」だったように記憶している。けだし、我々の世代の座右の銘である。

 「強さとやさしさ」これらを両立することは、言葉ではイメージできても、実際はかなり難しい。私自身、62歳になっても、その域にはとてもではないが到達できていない自分を自覚している。タイガーウッズは、まだ43歳、私より19歳も年下であるが、タイガーの生き様から教えられることは限りなく多い。情熱を持って、自分自身に対する強さを持続させ、そして、人や物に対する優しさを忘れずに、仕事にも臨んでいきたいとつくづく思っているところだ。

-未分類

関連記事

情熱と厳しさと温情の狭間で

 「自分が正しいと信じることを明確に指摘していく」ことが、私自身のこの職業における行動規範だと確信して、日々の仕事に向き合っている。昨日も、その行動規範に従って、東京での関係先との面談、打ち合わせに臨 …

渾身の助言を遂行するという使命感を持って

 このところ、林業事業体の経営診断が続き、そのためのヒアリングや現地視察、各種分析・報告書作成・報告会等に費やす時間が多くなっている。今から16年前、私は経営コンサルタント(中小企業診断士)として、初 …

チームフォレストミッションの強みとは

森林施業プランナー研修や現場技能者研修をやっていて、つくづく実感するのは、プランナーも現場技能者も林業における技術者であり、林業を実践する人だということだ。そして、その現場で林業に従事する技術者に対し …

森林は何を語るのか

 蓼科に来てから、自宅回りの森林の中を散策することが、日課になり、特に天気のいい時には、思索を巡らせながら小一時間歩くのが楽しみになっている。春夏秋冬、森林はその姿、佇まいを変化(へんげ)させながら、 …

森林施業プランナー育成に関して想うこと

 民有林において、一定の集約化をした上で、森林整備(≒木材生産)及び森林管理を担う森林施業プランナーの育成が始まったのが、平成19年度(事実上はその前年度)だったから、この取り組みはまもなく丸13年に …