フォレスト・ミッションBLOG

林業の産業としての自立、そして林業に従事する人たちが誇りを持てるように、私たちは、自らが信じる、森林・林業のあるべき姿を、林業関係者の皆様と一緒に創造していきます。

未分類

経営コンサルタントの弟子達との年1回の邂逅

投稿日:2019年10月8日 更新日:

 今日は東京に出張し、案件をこなした後、私の経営コンサルタントの弟子達が1年に1回、集まって開催してくれている、私を囲む会の会場に出かけた。福岡、滋賀からも、2人がこの機会のために駆けつけてくれた。大した師匠ではないが、それでも、彼らが私を慕ってくれ、そういう会合を定期的に開いてくれるのは、とても嬉しいことだ。そして、彼らの活躍ぶりを聞いて、我が事のように喜ぶ自分がいる。

「坪野先生を囲む会」なる弟子達との邂逅

 経営コンサルタントという者の評価は、マーケットが下すものだが、その能力よりも、その人間自身の「人間性」に収れんする。我々は、コンサルティングの技術を磨くことはもちろんだが、経営者からの信頼にたる豊かで深い人間性を身に付けていかなければならない。何故ならば、経営コンサルティングというものは、「人が人を支援するもの」に他ならないからだ。

 今日、彼らに敢えて言ったのは、「我々は、原石のままでいい。間違ってもダイヤモンドになってはいけない。我々は輝く対象ではない。ダイヤモンドになって輝くべきは支援する企業であり経営者なのだ。」ということだった。これは、私自身の本音そのものであり、仕事に臨む際の考え方のベースになるものだ。経営コンサルタントなど、とるに足らない存在であり、この世の中には自称も含めて掃いて捨てるほどいる。

 但し、そんな我々でも、その助言の内容によっては、企業を活かしも殺しもする。だからこそ、自分自身が発する言葉には確信を持ち、かつ、企業や経営者にとって有益なものでなければならない。借り物の言葉など、すぐに見破られるし、薄っぺらい経営理論など、実践の場では何の役にも立たない。それは、私の20年の拙い経営コンサルティングの経験でも、十二分に認識していることだ。

 一人の人間としては、どこまでも未熟だと知っているからこそ、努力もし、自分自身を戒めながら、できる限り最善の助言をしていく。そういう経営コンサルタントには幸あれとエールを贈りたい。私の弟子達は、基本的にそういう人ばかりだと思っている。今夜は、彼らの前向きな話を聴いて、私自身も刺激を受け、新鮮な気持ちにもなれた。教えることは、教えられることでもある。また明日から、新たな気持ちで、目の前の案件に臨んでいきたい。

-未分類

関連記事

晩秋の見事な紅葉にタイガーウッズの情熱を重ね合わせる

 ゴルフの話で恐縮だが、日本で初めて開催された、米ツアーで、タイガーウッズが見事に優勝した。ありきたりな表現だが、私自身もタイガーウッズのファンである。フィル・ミケルソンも好きだが、あまりにエリート過 …

経営コンサルタントという職業についての内面での葛藤

 私の職業は、企業や団体等の経営者に、経営における課題や問題の解決や改善についての助言をする、いわゆる、経営コンサルタントというものである。前にも何回か書いたように、この職業に就いている者は掃いて捨て …

森林は何を語るのか

 蓼科に来てから、自宅回りの森林の中を散策することが、日課になり、特に天気のいい時には、思索を巡らせながら小一時間歩くのが楽しみになっている。春夏秋冬、森林はその姿、佇まいを変化(へんげ)させながら、 …

渾身の助言を遂行するという使命感を持って

 このところ、林業事業体の経営診断が続き、そのためのヒアリングや現地視察、各種分析・報告書作成・報告会等に費やす時間が多くなっている。今から16年前、私は経営コンサルタント(中小企業診断士)として、初 …

「秋の気配」が流れる頃

 このところ、このブログで重苦しいテーマの内容が続いているので、今日は少し、気持ちが軽くなりそうな話題にしたいと思う。私の趣味は、大したものではないが、出張の合間に近くのゴルフ場でラウンドをすることと …