フォレスト・ミッションBLOG

林業の産業としての自立、そして林業に従事する人たちが誇りを持てるように、私たちは、自らが信じる、森林・林業のあるべき姿を、林業関係者の皆様と一緒に創造していきます。

未分類

林業は本当に絶望的なのか

投稿日:

「絶望の林業」(田中敦夫著 新泉社)という本が、林業関係者の間で話題になっている。私も早速読んでみた。そして、チーム・フォレストミッションのメンバーにも、読むことを勧めた。私個人は、著者の森林ジャーナリストである田中敦夫氏とは面識がないが、書いている内容からして、ジャーナリストとして真摯に取り組んでいる人だと思う。

 今回の、「絶望の林業」は、そのタイトルからして、ショッキングであり、林業側にいる人間は、正面から批判されたことで、田中氏の指摘をきちんと受け止めていかなければいけない。特に、林野庁や森林組合などは、まさに「ボロクソ」に叩かれている。

 私やチーム・フォレストミッションのメンバーは、田中氏と違って林業側の人間であり、しかも、実際に林業をやっている実務者もいる。そういう人間からすると、自分たちが関わっている林業を「絶望の林業」と言われてしまうと、まさに「絶望的に」なってしまうのだが、我々は、そこから逃げ出すことはできない。 

 確かに、林業側には、たくさんの問題があるのは事実だ。「どうして、そんなことがわからないのか」「改めようとしないのか」などと、嘆きにも似た感情を抱くことも多々あって、一体、自分は何をやっているのだろうと自分自身に問いかけることもしばしばである。しかし、私やチーム・フォレストミッションの林業界におけるミッションは、常に、その地域、事業体なりの「「あるべき姿」を明確に示した上で、プレーヤーの人や事業体などが、そこに向かっていく行動をサポートしていくことである。真面目に、そして懸命に努力をしている人たちが、林業界にはたくさんいる。そういう人たちがきちんと評価され、報われる社会にならなければならない。山元に返るはずのお金を収奪しているのは誰か、どうすれば、健全な森林を創りながら、適正な利益を得ていけるのか・・・等々、我々、林業側の支援者は日々、真剣に考えて行動しなければならないのだ。

 田中敦夫氏の、勇気ある指摘には敬意を表さなければならない。そして、絶望的とされた数々の問題に対して、我々は、実践をもって改善なり解決をしていかなければならない。この本を読んで、自分自身の林業界における使命というものが、さらに明確になったような気がする。関係者の中には、怒り心頭の向きもあるようだが、私自身は、むしろ、田中氏に感謝したい気持ちでいっぱいだ。問題があるからこそ、それを改善していけば、良くなるということなのだ。批判は大いにしてもらったらいいと思う。それをどうしていくかが最も重要なのだ。

-未分類

関連記事

経営コンサルタントの存在理由の最たるものとは

私の職業は、いわゆる経営コンサルタントである。それも、林業に専門化した林業経営コンサルタントと自称している。正直なところ、経営コンサルタントという名称は好きではない。玉石混淆であり、人間的にまともなの …

チームF、千葉で始動する

 先週は水曜日から金曜日まで、千葉のプランナー研修だった。いわゆる、2次研修というもので、1日目は終日、現場に入り、搬出間伐など森林整備を設計する能力を向上させる実習と、効率的な作業道を設計する能力を …

皆伐・再造林の取り組み

先日訪問した、長野県のある森林組合では、資源の成熟に伴い、搬出間伐をする林分が殆どなくなってきたことから、4年ほど前から、町有林や共有林を中心に皆伐・再造林の取り組みを本格化させている。林産班が、伐採 …

久々の大阪の夜にて

 昨夜は、大阪で支援先の会議があり、チーム・フォレストミッションの湯浅勲さんと共に出席した。真に森林・林業で森林整備や管理、木材生産等を実践し、また、木材を活用するプロフェッショナル同士の言葉のやり取 …

森林は何を語るのか

 蓼科に来てから、自宅回りの森林の中を散策することが、日課になり、特に天気のいい時には、思索を巡らせながら小一時間歩くのが楽しみになっている。春夏秋冬、森林はその姿、佇まいを変化(へんげ)させながら、 …