フォレスト・ミッションBLOG

林業の産業としての自立、そして林業に従事する人たちが誇りを持てるように、私たちは、自らが信じる、森林・林業のあるべき姿を、林業関係者の皆様と一緒に創造していきます。

未分類

都会に来ると、無性に森林が恋しくなる

投稿日:

私の職業は、他所に行って、経営などの助言をする仕事なので、その稼働率が向上すればするほど、収益は上がるし、自宅にいない日が多くなることになる。とにかく、特に平日は、どこかに行って、経営の助言をしたり、人材育成の研修をしたり、講演をしたり、本業での活動をするのが望ましいのだ。そして、土曜日は基本的に移動日か資料等の作成をしたりする時間、日曜日はさすがに休日と位置づけているが、頭の中は仕事のことを考えている。今月で62歳になるが、おかげさまで健康状態は良好で、体力もあり、今の仕事にもう一踏ん張りしようと思っている。

時々、仕事そのものや会議、打ち合わせなどで東京などの大都会に行くことも多くなっているが、大学時代から4年前まで、ずっと都会での生活をしてきた割には、3日ほど都会にいると、今住んでいる蓼科の森林が無性に恋しくなる。真夏でも涼しいといった気候的な部分もあるが、それはおそらく本能的なものだろう。特に60歳を過ぎた今、私が最も好きな時間は、カラマツ・白樺・アカマツ・ナラなどが混交した近自然な森林の中を散策しながら、自然な思索を巡らせることと、静かな自室で好きな本を読むこと、それに、愛用のマーチンD-45のギターで、好きな曲を弾き語りすること、車で5分のところにあるゴルフ場に行って、独りでラウンドすること等々である。外形的には「世捨て人」的な生活と映るかもしれないが、だからこそ、仕事にエネルギーを注ぎ込んで、それと両立させながら、残りの人生を充実したものにしたいと願っているところだ。

健全で美しい森林は、そこにいる人間の心を豊かにしてくれる。自身の苦しみ、葛藤を森林に話しかけることもあっていい。もちろん、森林は何も言ってはくれないが、そうすることで、自分の中で何かの発想が生まれることもある。森林は、私の最も身近な「物言わぬ」相談相手であり、友人でもある。こうして日々、元気で仕事に向き合えるのも、森林のある環境の中で生活しているからであり、自分を客観視できる時間があるからだと思っている。
林業は、その森林を適正に整備して管理していく業である。それは、国土と人間の心身の健康を守っていることと同義だ。今日、また蓼科に戻り、森林の中を歩きながら、いろいろと内なる思索を巡らせる時間をことさら楽しみにしている自分がいる。

-未分類

関連記事

ギター弾き語り50年の重みとは

 ギターの弾き語りを始めたのは、中学1年の秋だった。その春、和歌山県・那智勝浦町の地元の中学校に入学したばかりの頃、ラジオから流れてきた、吉田拓郎の「夏休み」に衝撃を受け、何故かギターが弾きたくてたま …

祖父が遺してくれた金言

 私の父方の祖父は、生涯教育者だった。慈愛の教育を説いたペスタロッチを敬愛し、「鉄拳なき教育」を貫いた偉大な教育者だった。苦学して広島高等師範学校を卒業し、大東亜戦争中は、大政翼賛会の和歌山県事務局長 …

若手経営者との実のある対話

 先週の経営者向け研修には、30歳代から40歳代の経営者が参加し、林業事業体の経営について、共に真剣に考える場となった。いつの頃からか、私の役割において、経営層に対して、経営というものを語り、現状の経 …

no image

新型コロナ禍での無力感の後に

 2月下旬に、出張で横浜湾に近いホテルに宿泊した際、何ともいえない「危機の予感」を感じ、その夜は眠れなかった。その頃は、まだ、新型コロナウィルスによる社会の混乱は生じてはいなかったのだが、時あたかも、 …

良き人材を育てる

 先週は、水曜日から金曜日まで、鳥取県のプランナー2次研修だった。1次試験を合格した14名の受講者が倉吉市内の会場に集い、3日間みっちりと、実践的な研修に臨んだ。運営を請け負うチーム・フォレストミッシ …