フォレスト・ミッションBLOG

林業の産業としての自立、そして林業に従事する人たちが誇りを持てるように、私たちは、自らが信じる、森林・林業のあるべき姿を、林業関係者の皆様と一緒に創造していきます。

未分類

東京都知事選挙について

投稿日:

 一昨日、東京に出張した際、都知事選挙の立候補者のポスターを貼った看板が目に入った。私は、東京都民ではないので、直接関係はないが、かつて、都民だった時代も、通算で8年ほどあり、我が国の首都の首長を決めると都知事選挙には、一廉の関心を持っている。今回の選挙は、2期務めた現職の小池百合子知事に立憲民主党の旗手といわれた蓮舫氏、それに、前安芸高田市長で新進気鋭の政治家である石丸伸二氏らが挑むという構図になっている。

東京・文京区でみかけた選挙看板(令和6年6月24日)

 東京にいる知人の多くは、「投票には行かないか、入れるとしたら小池知事しかない」と言っている。彼らにすると、日々の仕事や生活からは、東京都知事という存在は遠く、そもそも、その動静にはあまり関心がないようだ。但し、蓮舫氏には入れたくないという向きはかなり多い。それは、立憲民主党という野党がバックボーンということと、彼女が日本人ではないということ、さらには、かつての事業仕分けでの「 2位じゃダメなんでしょうか? 」の発言や彼女独特のエキセントリックな話し方とその表情が、かなりの先入観を醸成しているものと私なりにみている。

 石丸伸二氏については、若さと清潔感があり、彼一流の論法でわかりやすく、若い層や既存の政治家に失望している人たちには、ネットを中心に支持が高いとのことで、投票率にもよるが、かなり票を取るのではないかと想定している。但し、状況的には、都知事選挙で、その知名度を全国区にした上で、次のステージを狙っているとするのが妥当なところで、彼がどのくらい票を、それも浮動票をとるのかというところに私などは関心を持っている。

 そこで、大本命の小池百合子知事だが、公約を果たしていないとか、学歴問題とか、批判の対象に晒されているものの、本人はそんなことを気にする様子もない。ただ、「現職の強み」と知名度というものを翳しながら、まともに政策を語ろうともせず、「受けて立つ」という横綱相撲を決め込んでいて、また、それがテレビの画面からもストレートに伝わってくる。大手メディアも、表層的なところを掬って報道するだけで、全体的に盛り上がりに欠ける選挙になってしまいそうな気配だ。それでいいのかという気もするが、いまや、東京都民でも法人都民でもなくった身であり、また、政治評論家でもあるまいし、いろいろな人と、この件について語り合う術もないというのが正直なところだ。

-未分類

関連記事

那智勝浦町・実家の桜が満開

実家の満開の桜(3月25日撮影)  コロナ禍も一段落ということで、関西方面に出張し、一昨日、和歌山県・那智勝浦町にある実家に移動し、数日間滞在することになっている。実家の向かい側の敷地には、祖父が植え …

市町村は企画・事務を担い、プレーヤーは林業事業体

新たな森林管理システムにおける主体は、市町村になるということが、森林経営管理法で位置づけられている。林業の専門官が殆どいない中で、どこまで主体になっていけるのか、困惑している市町村が多いことだろう。森 …

東北での出張の合間に思うこと

 日曜日から、東北に入り、宮城県内での活動を続けている。今日は、移動日で、ホテルの部屋で原稿を書いたり、本を読んで過ごしたりしている。一昨日、7月8日は、安倍晋三元首相の命日だった。事件が起こった11 …

千葉県の大規模停電とスギの倒木について思うこと

 千葉県では、台風15号で南部を中心に大規模停電が続いている。ライフラインの中でも、電気は特に重要である。私自身も、昨年秋に台風による停電で、1日半ほど電気なしの生活を強いられたが、たった1日半でも大 …

no image

兵庫バイオマス発電の事業停止に際して思うこと その2

 今回、チップ事業から撤退を申し出て、それがバイオマス発電所の事業停止になった、当事者である兵庫県森林組合連合会(以下、兵庫県森連)と知り合ったのは、今から17年前、2005年秋のことである。当時、私 …