フォレスト・ミッションBLOG

林業の産業としての自立、そして林業に従事する人たちが誇りを持てるように、私たちは、自らが信じる、森林・林業のあるべき姿を、林業関係者の皆様と一緒に創造していきます。

未分類

我が国の森林・林業について①

投稿日:

 先週、岐阜出張中、全国紙の記者から電話があり、「我が国の森林・林業について取材をさせてほしい」とのことだった。翌日、電話で1時間ほど、やり取りをしたのだが、その記者は、このブログを読んで私のことを知ったらしい。「全国紙の新聞記者が、このブログを読んでいるのか」と認識を新たにした次第で、そういうことならば、もっと、森林・林業のことをこのブログに書いて、発信していくべきだと思った。それは、20年間に亘って、ずっと我が国の森林・林業をつぶさにみてきた人間として、また、我が国で、森林・林業だけに専門化した、経営コンサルタント(林業経営コンサルタント→自分自身でこの分野を開拓した)としての役割なのだ。

今朝、自宅近くで撮影

 これから、都度、我が国の森林・林業について、いろいろと語ってみようと思っている。さしづめ、「問わず語り」というところだ。ということで、最初に思い浮かんだのが、何故か、間伐等の補助金( 森林環境保全直接支援事業→いわゆる造林補助金)のことだった。これについては、忘れられないシーンがあって、今回は、そのことを語ってみようと思う。

 私は、1999年(平成11年)に、中小企業診断士の資格を取得し、登録した4月から、大阪を拠点に経営コンサルタントの活動を始めた。満41歳だった。それから6年ほど、全業種の中小企業を対象に、経営改善や創業、経営再生などのコンサルティングをした後、2005年(平成17年)から、森林・林業専門の経営コンサルタントとして、全国各地に赴き、林業事業体の経営支援や人材育成などに取り組み、現在に至っている。

 人材育成の活動で、森林施業プランナーの育成という中央の主要事業に、企画段階から関わり、全国講師として「コスト管理」などの研修講義を担当した。忘れられないシーンとは、その研修の中での一コマなのだ。私の講義をオブザーバーとして聴いていた、林野庁のベテラン職員が、受講者の質問に対して、講師の私を差し置いて突然立ち上がり、ホワイトボードに何やら板書をして、解説を始めたのだ。「いいですか! 補助金は足し算ではなく、引き算なのですよ。ここを間違ってはいけない」と大きな声で言った。

 彼が板書したのは、次のようなものだった。所有者返却金=木材売上‐(事業費‐補助金)、とても汚い字だったが、このベテラン職員の思いというものが伝わる板書だった。所有者返却金=木材売上‐(事業費‐補助金)

 この式が意味するところは、森林整備の補助金というものは、あくまで事業費を低減するためのもので、それ以上でも以下でもないということだ。あるいは、木材売上で事業費が賄えて、森林所有者に精算金が返せるのであれば、補助金は必要ないということになる。つまり、搬出間伐において、現状の木材価格では、事業費が常に木材売上を上回り、事業者は赤字、当然、森林所有者にお金を返せなくなるので、事業費そのものを低減して、所有者に返却できる収支になるように、造林補助金というものが存在するのだということになる。

 私も、その説明を横で聞いていて、「なるほど」と思った。林業のコスト管理では、計算上、補助金を収入と同等に扱っているのだが、正しい認識は、引き算でなければならない。補助をするお金なのだから、当たり前のことだ。それ以来、間伐などの補助金の説明をする時には、すべからく、「引き算」という考え方を強調するようにしている。その際には、必ずといっていいほど、あの時、怖い顔をして板書をした、林野庁ベテラン職員の顔が思い浮かぶのだ。

-未分類

関連記事

no image

衆議院補選の総括について

 先週、4月28日に投開票が行われた、衆議院補欠選挙では、結果として、立憲民主党が全勝し、自民党は、唯一、候補者を擁立した、島根1区で敗北、東京15区と長崎3区では、候補者さえ立てられず不戦敗になり、 …

良き人材を育てる

 先週は、水曜日から金曜日まで、鳥取県のプランナー2次研修だった。1次試験を合格した14名の受講者が倉吉市内の会場に集い、3日間みっちりと、実践的な研修に臨んだ。運営を請け負うチーム・フォレストミッシ …

森林環境税は悪税ではないはず

 令和6年度から、森林環境税が施行される。 個人住民税均等割に、1,000円(年間)上乗せして、 地方税として約620億円集め、それを、森林面積・人口・林業従事者数に応じて按分し、全国の市町村に配分す …

春の到来、実りある1年にしたい

カラマツも芽吹き始めた…GWはグリーン一色に  自宅は、標高1,300mのところにあり、黄砂の影響もさほどなかったようで、その点は幸いだったと思っている。自宅の周りを少し散策した後、ふと、目の前のカラ …

今期の出張が終わり春に向かう

 昨日、出張先の鳥取から車で戻ってきた。一昨日は、午後3時に仕事が終わったこともあり、そのまま蓼科に戻ると深夜になってしまうこともあって、神戸の有馬温泉に後泊し、束の間ではあるが、久しぶりに有馬の湯に …