フォレスト・ミッションBLOG

林業の産業としての自立、そして林業に従事する人たちが誇りを持てるように、私たちは、自らが信じる、森林・林業のあるべき姿を、林業関係者の皆様と一緒に創造していきます。

未分類

この1ヶ月間のいろいろな事象についての雑感について その1 「LBGT理解増進法の成立」

投稿日:

 先月下旬に、少し体調を崩して、しばらく静養していた。その間、自室で本を読んだり、you tubeの動画をみたり、映画を観たりして過ごした。こういう時間は、とても貴重で、定点で世の中の事象や自分自身のことをじっくり考える機会を天が与えてくれたものと思って、ある意味、大変有り難いことだと認識している。若い時は、仕事があって、それに忙殺され、余計なことを考える時間も余裕もないことに充実感をおぼえていたものだが、この年齢になると、明らかにその辺の価値観が大きく転回するものだ。

 まずは、今月の衆議院・参議院で可決された、議員立法の「LGBT理解増進法」について考察したい。体調が悪く、自室のベッドで横になっている時に、あれよあれよという間に、採択・可決されてしまった。Lはレズ、Gはゲイ、Bはバイセクシャル(両性)、Tはトランスジェンダーをさし、こういった性的弱者?に対する社会的な理解を増進しようとする法律である。この法案は、2年前に廃案になったものだったが、2月に岸田首相の秘書官が差別発言をしたことを契機に、岸田首相がこの法案の再検討を指示して、議論が高まり、自公案に維新・国民民主の案を容れた修正案が成立した。

 保守系の新聞である産経新聞のアンケート調査で、この法案に賛成の割合が6割だったという。驚きである。そもそも、LGBTという意味すらよくわかっていない国民が圧倒的に多いと思う。その上で、それを理解せよと言っても、何のことかわからない人ばかりだろう。私自身は、LとG、Bまでは、その当事者も複数知っているし、そういう人たちを差別してはいけないこともよくわかっている。問題は、Tであり、自認すれば男になったり女になったりする者(しゃ)である。T以降も、QとかIとか無数に分類があるようだが、普通の人々にとって、日常生活にほぼ無関係なことに、反対も賛成もなく、もっというと、当事者の人たちの思いや要望も踏まえないような、今回のLGBT理解増進法は、全く意味をなさない。悪法という見方もあるが、そもそも、法律にするような代物ではない。

 作家の百田尚樹氏は、この法律が可決されたことに激怒して、自民党を猛批判し「保守政党」を立ち上げる決意表明をした。論客である有本香氏もそれに同調している。そういう政党が立ち上がって、一定の議席を獲得し、本当の民意を汲んだ活動を展開していくことは、この国のためにも非常にいいことだ。私には何の力もないが、そういう動きを支持していきたいと思う。大多数の国民は、LGBT理解増進法などに関心はない。そして、新聞やテレビしか情報源のない高齢者は、全く蚊帳の外に置かれている。今回の、LGBT理解増進法の性急な成立は、利害関係者でもある国民の民意を無視し、また、説明責任さえ放棄した暴挙であることは論を俟たない。重要なのは、国民生活の向上であり、防衛力の強化である。この法律は全く意味がないと繰り返し強調しておく。

 

 

-未分類

関連記事

我が国の森林・林業について①

 先週、岐阜出張中、全国紙の記者から電話があり、「我が国の森林・林業について取材をさせてほしい」とのことだった。翌日、電話で1時間ほど、やり取りをしたのだが、その記者は、このブログを読んで私のことを知 …

「傘がない」の時代を想う

 井上陽水の名曲である「傘がない」は、彼の2枚めのアルバムの中に収録されている曲で、1972年1月にリリースされた。この曲は、その時代の若者が熱を入れていた学生運動や政治問題、社会問題よりも、目の前に …

軸足を明確にすることの重要性

 蓼科に活動拠点を全面的に移転して、この秋で丸6年になる。それまでは、どうしても、仕事の情報や予算、人脈が集中する東京に拠点を設置して、アナログ的な営業や情報収集をすることに、こだわっていた。そこから …

期末案件完了し、しばし余暇へ

 今日は、提出期限間近の原稿を仕上げたり、苦手な事務仕事をしたりで、あっという間に一日が過ぎた。昔、小椋佳と井上陽水が歌った「白い一日」のような感じで、「僕の一日が過ぎていく」のだが、気がつけば、奈良 …

郷愁の東京・日本橋にて

 昨日、茅野駅から特急あずさ号に乗ろうとしたら、何と1時間半遅れということがわかり、少し焦ったのだが、ちょうど遅れてきたあずさ号に飛び乗ることができて、東京には予定よりも早めに到着した。神田駅で降りて …