フォレスト・ミッションBLOG

林業の産業としての自立、そして林業に従事する人たちが誇りを持てるように、私たちは、自らが信じる、森林・林業のあるべき姿を、林業関係者の皆様と一緒に創造していきます。

未分類

対面研修で快い疲れをおぼえる

投稿日:

 一昨日、昨日と、山梨県都留市内で、森林組合の経営幹部を集めた研修講師を務めた。この3年間、コロナ禍で対面での案件が殆どなくなり、オンラインで実施してきたが、やるたびに「もどかしさ」を禁じえず、久しぶりの対面での研修に新鮮さを感じた。自宅から車で2時間弱、行き帰りは、地元のFM放送を聴きながらリラックスして運転し、現地では、かなりテンションを上げて研修に臨んだ。昨日、午後3時ごろに帰宅し、自宅のソファーに横になると、妙に気持ちよくなって少し転寝をしてしまった。

 夕食後、自室に戻り、早めに就寝したが、快い疲れが残っていて、いつもよりもスムースに入眠することができた。今朝は午前6時ごろに起床したのだが、よく眠ったせいか、寝覚めがすっきりとしていた。とてもいい傾向である。やはり、対面での研修や助言は、バランスの良い疲れが残り、健康にもいい。2時間程度の運転なら、ヘトヘトになることもなく、肉体的な疲れもさほどではない。

昨日の経営者研修の様子(山梨県・都留市)

 経営コンサルタントとしての恩師である、森井義之先生は、常々「研修もコンサルティングの一環である」と仰っていた。最近、そのことの意味がよくわかるようになってきた。研修自体、単なるインフォーメーションの場ではなくて、インテリジェンスを注入し、行動を誘っていく機会なのだ。だから、講義にしろ、助言にしろ、自分が発する言葉の一つ一つが、受け手にとって有用なものでなければならない。その重みというものを自覚するならば、上記のようなグループワークの内容にも、きちんろ目配りをしておかなければならない。

 森林・林業に関わって、20年目に入った。コロナ禍が一定の収まりをみせる中で、対面での案件がまた復活し、私の出番も増えてきている。そして、物事を前に進めるための「重石」として、私に対する期待というものをひしひしと感じながら、日々の案件に取り組んでいるところだ。秋は深まるばかりで、車で走る高速道路の両側の山々は、見事な紅葉や黄葉をみせている。私自身も、円熟期に入った経営コンサルタントとして、独自の輝きを放っていきたいと思っている。

-未分類

関連記事

別荘地における森林整備のあり方、その後の状況

 昨年8月2日に、このページで、現在居住している、信州蓼科の別荘地における森林整備について言及した。当初、原理原則に外れた施業をしていたので、管理会社に対して、エビデンスを示しながら強く抗議をしたとこ …

安倍晋三元首相の死に思うこと

既報のように、安倍晋三元首相が、奈良市内で応援演説中に、山上某という男に銃撃され亡くなった。享年67歳、昭和29年生まれで、私よりも3歳年長、同世代である。一昨日、テレビの速報で、この惨劇の報を知り、 …

no image

兵庫バイオマス発電の事業停止に際して思うこと その4

 兵庫県森連運営のチップ工場が、何故、自腹を切ってまでチップ材の原木を集荷したのか、それは、バイオマス発電所の稼働を止めてはいけないからである。しかし、悲しいかな、連合会とて、企業としては中小企業それ …

今年一年を振り返る

大晦日の自宅前の風景(令和5年12月31日 午前10時撮影)  今日は、令和5年の大晦日、朝から雨模様となったが、寒さはそれほどでもなく、暖かい室内で映画を観たり、読書をしたりして過ごしている。最近、 …

「書く」という営みを続ける

 大学に進学した頃、私は将来の職業を「高校教師」と定めていた。それは、祖父や父が教師であり、また教育者であったことと無関係ではなく、他に選択肢を考えていなかったこともあるが、それもあって、学部も文学部 …