フォレスト・ミッションBLOG

林業の産業としての自立、そして林業に従事する人たちが誇りを持てるように、私たちは、自らが信じる、森林・林業のあるべき姿を、林業関係者の皆様と一緒に創造していきます。

未分類

対面研修で快い疲れをおぼえる

投稿日:

 一昨日、昨日と、山梨県都留市内で、森林組合の経営幹部を集めた研修講師を務めた。この3年間、コロナ禍で対面での案件が殆どなくなり、オンラインで実施してきたが、やるたびに「もどかしさ」を禁じえず、久しぶりの対面での研修に新鮮さを感じた。自宅から車で2時間弱、行き帰りは、地元のFM放送を聴きながらリラックスして運転し、現地では、かなりテンションを上げて研修に臨んだ。昨日、午後3時ごろに帰宅し、自宅のソファーに横になると、妙に気持ちよくなって少し転寝をしてしまった。

 夕食後、自室に戻り、早めに就寝したが、快い疲れが残っていて、いつもよりもスムースに入眠することができた。今朝は午前6時ごろに起床したのだが、よく眠ったせいか、寝覚めがすっきりとしていた。とてもいい傾向である。やはり、対面での研修や助言は、バランスの良い疲れが残り、健康にもいい。2時間程度の運転なら、ヘトヘトになることもなく、肉体的な疲れもさほどではない。

昨日の経営者研修の様子(山梨県・都留市)

 経営コンサルタントとしての恩師である、森井義之先生は、常々「研修もコンサルティングの一環である」と仰っていた。最近、そのことの意味がよくわかるようになってきた。研修自体、単なるインフォーメーションの場ではなくて、インテリジェンスを注入し、行動を誘っていく機会なのだ。だから、講義にしろ、助言にしろ、自分が発する言葉の一つ一つが、受け手にとって有用なものでなければならない。その重みというものを自覚するならば、上記のようなグループワークの内容にも、きちんろ目配りをしておかなければならない。

 森林・林業に関わって、20年目に入った。コロナ禍が一定の収まりをみせる中で、対面での案件がまた復活し、私の出番も増えてきている。そして、物事を前に進めるための「重石」として、私に対する期待というものをひしひしと感じながら、日々の案件に取り組んでいるところだ。秋は深まるばかりで、車で走る高速道路の両側の山々は、見事な紅葉や黄葉をみせている。私自身も、円熟期に入った経営コンサルタントとして、独自の輝きを放っていきたいと思っている。

-未分類

関連記事

雪のない大寒、やはり寒い

ホームコース(蓼科高原CC)も積雪なしで… 2023年1月20日撮影  昨日、郵便局まで行ったついでに、自宅から車で5分ほどのところにある、蓼科高原CCに立ち寄った。今は、冬季休業中だが、コースをみる …

森林と共に過ごす時間が大事

 ここ蓼科は、朝晩の気温が下がり、未明には氷点下になって、いよいよ本格的な冬に向かって季節が進んでいる。和歌山県生まれの私は、正直なところ寒い冬は苦手で、この季節はできれば温暖なところで過ごしたいと思 …

no image

木材バブルは必ず弾け、また、元の状態が続くのか

 「ウッドショック」という、マクロ経済からすると「瑣末な現象」は、すでにバブル崩壊の兆しをみせているという。一時的な現象ゆえに、当然のことである。前にも書いたように、そんなものに翻弄されることはないの …

no image

プロフェッショナルたる所以

 一昨日、三重県のゴルフリゾートに来て、早くも3日目を迎えている。昨日は、ラウンド後、そのまま、和歌山県・那智勝浦町の実家に移動し、両親と夕食を囲み、今朝、午前5時前に出発し、2時間半で今日プレーする …

安倍晋三元首相の死に思うこと

既報のように、安倍晋三元首相が、奈良市内で応援演説中に、山上某という男に銃撃され亡くなった。享年67歳、昭和29年生まれで、私よりも3歳年長、同世代である。一昨日、テレビの速報で、この惨劇の報を知り、 …