フォレスト・ミッションBLOG

林業の産業としての自立、そして林業に従事する人たちが誇りを持てるように、私たちは、自らが信じる、森林・林業のあるべき姿を、林業関係者の皆様と一緒に創造していきます。

未分類

本格稼働再開、明日から

投稿日:

 明日は、安倍元総理の国葬式である。上京し献花だけでもと思ったのだが、急遽宮崎への出張が入り、中部国際空港から安倍さんへの想いを寄せることにしたい。7月8日に事件が起こり、まずは、「安倍ショック」の期間があり、ほどなく、「安倍晋三ロス」の期間となった。この間、最低限の仕事をしながら、ずっと頭の中にあったのが、「自分自身が、この国のために何ができるか」ということだった。一部の富裕層だと「ノブレス・オブリュージュ」という概念があるが、我々のような一般庶民にとって、「国のために何をなすべきか」という命題は、なかなか馴染みにくいものだ。

 先月27日に満65歳になった。まだまだ未熟な人間だが、年齢だけは一人前にとって、いわゆる熟年と呼ばれる年回りとなった。ライフワークと位置づけている林業支援は、いまだ志半ばではあるが、まずは、自分が国や社会のためにできることの嚆矢として、この林業支援に新たな気持ち、スタンスで取り組んでいこうという境地になった。ちょうど、そんな私の想いと軌を一にして、いろいろな動きが私の周りで蠢いてきている。

 林業界だけではなく、今後の我が国の命運は、ひとえに若い人たちの頑張りにかかっている。我々の世代の役割・使命は、彼らが活躍する場を創り、自らは後ろに回って、その活動を支援することにある。いい歳をして、「オレが、オレが」と前面にしゃしゃり出て、公金を掠め取るような、みっともない行動をするべきではない。電通OBでオリンピック委員会の理事をしていた、高橋某などの言動をみて、それを反面教師としなければならないだろう。

 私自身は、この20年間というもの、林業という業界に入って、さまざまな人たちと知己になり、また協働することで、「仕事のやりがい」というものを実感しながら、社会的にも意義ある仕事をさせてもらった。一義的には、林業界にその恩義を感じている。そして、先述のように、もう、若い人達の時代である。彼らが主体的に、そして充実した活動をしていくために、我々の世代は、これまで培ったノウハウや人的ネットワークなどを惜しみなく提供して、彼らを応援し、結果的に適正な森林管理や林業が前に進んでいくことを企図しなければならない。

 上記のような行動規範に従って、安倍元総理の国葬を境にして、新たな気持ちで、目の前の仕事、生活に臨んでいこうと思っている。我が国が直面している国内外の状況は、極めてクリティカルなところを推移している。自分たちの時代だけ良ければいいという発想は論外であり、少なくとも自分の息子や娘の世代が希望を持って、心豊かに暮らしていける国・社会というものを、彼らの世代に残していかなければならない。私は自分の事業領域の中で、それを遂行していくつもりであり、安倍元総理の一件で、そのことを再確認できた。自らの心根に正直に、一つ一つの案件に対して、丁寧にそして真摯に向き合っていきたいと思っているところだ。

-未分類

関連記事

人間の縁は、げに深淵なるもの

 私自身、これまでの人生で、私生活はともかく(離婚経験が複数回ある)、ビジネスにおいては、人の縁をことさら大事にしてきたと自負している。曰く、「人の縁とは、先方から切られた場合は仕方がないが、自分から …

人材育成に終わりはない

 今年度下期の案件においては、人材育成にかかるものが多くなっている。林業事業体の経営者や役員、経営管理者、中間管理職、一般職員、森林施業プランナー、現場技能者等々、国や都道府県・関係団体等が主催する事 …

お気に入りの場所

 1年くらい前から、特に冬場に書斎代わりにしているお気に入りの場所がある、自宅から車で2分くらい、別荘地内にある「蓼科東急ホテル」の1階ラウンジである。前にも書いたが、調度品も立派で、Wi-Fiが入っ …

「施業現場をみる」ということ

 経営コンサルタントとして、森林・林業界に関わって、丸20年になる。その嚆矢は、2003年11月に和歌山市内で開催された、和歌山県森林組合連合会主催の経営管理者研修に講師で呼ばれたことだった。1999 …

提案型集約化施業の意義を再認識する

 先週土曜日に、近隣の財産区の役員と面談し、意見交換等をした。私は、全国各地に出向き、林業事業体と呼ばれる森林組合や民間の林業会社に対して経営等の助言をするのが自身の事業の柱になっているが、数年前から …