フォレスト・ミッションBLOG

林業の産業としての自立、そして林業に従事する人たちが誇りを持てるように、私たちは、自らが信じる、森林・林業のあるべき姿を、林業関係者の皆様と一緒に創造していきます。

未分類

安倍晋三元首相の死に思うこと

投稿日:

既報のように、安倍晋三元首相が、奈良市内で応援演説中に、山上某という男に銃撃され亡くなった。享年67歳、昭和29年生まれで、私よりも3歳年長、同世代である。一昨日、テレビの速報で、この惨劇の報を知り、所用で銀行に向かう車の中で、「絶対に死なないで下さいよ」と呟き続けた。夕刻、搬送先の病院でその逝去に接した時から、現在まで、正直なところ、茫然自失の状態が続いている。今日日曜日は、ちょうどホームコースの月例が開催される日で、参加しようかとも思っていたのだが、こんな時に、ゴルフに興じることもあるまいと自宅にいて、テレビからも離れ、気力を振り絞って、今週の研修案件の資料づくりに励んだ。

安倍晋三氏公式HPより

 私は、安倍晋三元首相とは面識はない。ただ、今から20年前に、何かの用事で自民党の事務局長を訪問した際、私がその事務局長に「今の若手政治家で、将来の首相としてふさわしい人は誰ですか?」と質問したことがある。その時、その人は即座に「安倍晋三さんをおいて他にはいない」と断言した。その理由のひとつとして、「人望のレベルが他の政治家とは段違いである」ということだった。その際、放送局の報道記者同期だった、石原伸晃氏の名前も挙げて「彼はどうなんですか?」と質問すると、「いやあ、全然」という返答だった。

 その時以来、安倍晋三という、3歳年長の政治家の動静が気になった。安倍氏は、その後、自民党の幹事長を務め、官房長官を経て、2006年、52歳で総理大臣となった。私は、もともと特定政党の支持はせず、政治家というのは、その人物個人の政治信条や人格・言動・成果をもって評価するべきだと考えている。その意味で、安倍総理が、自民党という枠組みを超え、この国のリーダーとして、この国を良くするために、どれだけ頑張ってくれるかということに期待した。

 安倍晋三氏の総理大臣や政治家としての評価は、同氏の没後、つまりこれから客観的な検証がなされて、正当なものが歴史の中に刻まれると思うが、私を含めて、極めて多くの「この国を想う普通の人々」特に、同世代の人たちは、安倍氏の突然の死に、かつてないくらいの衝撃を受けているに違いない。現に、私の親しい友人、知人たちも、殆どが私と同じ茫然自失状態で、この2日間、何も手につかない状態だということだ。

今回の「暗殺」(暗殺としないのは日本のメディアだけである)について、この時点で、あれこれ語るのは敢えてしない。客観的なエビデンスやファクトが、あまりに少ないからだ。いま、できることは、安倍氏の死を悼み、悲しみつつ、この国、この社会において、自分自身が何をするべきか、何ができるのかということを、真剣に考えることだと思っている。

 

 

-未分類

関連記事

no image

兵庫バイオマス発電の事業停止に際して思うこと その1

   兵庫県で6年前に稼動をスタートさせた、木質バイオマス発電所が、クリスマスイブの一昨日、事業を停止した。休止ではなく停止である。そして、昨日、12月25 日、「兵庫モデル」といわれた、このバイオマ …

本格稼働再開、明日から

 明日は、安倍元総理の国葬式である。上京し献花だけでもと思ったのだが、急遽宮崎への出張が入り、中部国際空港から安倍さんへの想いを寄せることにしたい。7月8日に事件が起こり、まずは、「安倍ショック」の期 …

林業経営コンサルタント養成塾を開講した理由

弊社のホームページにも掲げているように、今期から「林業経営コンサルタント養成塾」 (通称坪野塾)を適宜開講することにした。先日、早速、問い合わせがあったが、本格的に展開していくのは、今期の下期からにな …

森林は何を語るのか

 蓼科に来てから、自宅回りの森林の中を散策することが、日課になり、特に天気のいい時には、思索を巡らせながら小一時間歩くのが楽しみになっている。春夏秋冬、森林はその姿、佇まいを変化(へんげ)させながら、 …

チームF、千葉で始動する

 先週は水曜日から金曜日まで、千葉のプランナー研修だった。いわゆる、2次研修というもので、1日目は終日、現場に入り、搬出間伐など森林整備を設計する能力を向上させる実習と、効率的な作業道を設計する能力を …