フォレスト・ミッションBLOG

林業の産業としての自立、そして林業に従事する人たちが誇りを持てるように、私たちは、自らが信じる、森林・林業のあるべき姿を、林業関係者の皆様と一緒に創造していきます。

未分類

「心の友」がいない寂しさ

投稿日:

 今日は、学生時代からの親友だった伊住政和君の命日である。存命であれば、61歳になっている。茶人としても、文化人としても、まさに、これからが旬という年齢である。それなのに、彼は17年前、44歳という若さで逝ってしまった。今朝、彼の姿が夢枕にあった。命日に彼に会えるというのは、まだ、どこかでつながっているのだということで、一瞬、嬉しい気持ちになるのだが、夢の中では、この世の人であっても、現実に彼と会うことはもうない。

故伊住政和氏

 伊住政和君とは、同志社大学文学部2年の時、英語の授業で初めて会った。英語での自己紹介で、私がプロレス好きだと知って、彼の方から「ぼくもプロレスファンだ」と声をかけてくれた。それから1ヶ月間くらい、彼は茶道裏千家家元二男だということを、私には言わずに、下鴨にあった私の粗末な下宿の部屋に来てくれたり、近所の学生食堂に一緒に行ったり、銭湯にも彼を連れて行ったことがある。私はてっきり、彼のことを韓国か中国の留学生だと思い込んでいたのだ。

 彼は一言でいって、大らかな性格、面倒見がよく、アイデアマンで、行動力のある人だった。そして、何よりも「やさしい」人だった。私のような、どこの馬の骨ともわからない人間にも、友人として真摯に向き合ってくれたし、私が独立したものの、苦闘している時にも、いろいろと励ましてくれた。逆に、自分自身の悩みを私に打ち明けてくれて、私がそれに対して助言したこともある。同志社プロレス同盟という、学生プロレスの草分けとなったクラブも彼と私の友情が生み出したものだ。

 夢に出てくる彼は、歌舞伎役者顔負けの男前で、声優みたいないい声をしている。あんなに多くの才を備えている人に、これまで会ったことはない。但し、命だけは、普通の人の半分しか彼には与えられなかった。彼がもし生きていたら、と思うことが何度もあって、その仮想空間の中で、私は彼とゴルフをしたり、酒を酌み交わしたり、破顔一笑しながら、アホな話をしたりしている。そんな風景を夢想する時、私はこの上もなく幸せな気持ちになるのだ。

 人間の一生に、親友と呼べる友は1人いればいいとよく言われる。彼の方はどう思っていたのかわからないが、私にとっては唯一無二の親友だった。彼のような素晴らしい人に巡り会えて、親交を結ばせてもらったことは、私の一生の財産だと思っている。春になって、出張シーズンが一息ついたら、彼が眠る京都・大徳寺に墓参りに行くつもりだ。物言わぬ「我が心の友」の墓前で、自分自身の「素の言葉」を語る時間を密かに楽しみにしている。

-未分類

関連記事

情熱と厳しさと温情の狭間で

 「自分が正しいと信じることを明確に指摘していく」ことが、私自身のこの職業における行動規範だと確信して、日々の仕事に向き合っている。昨日も、その行動規範に従って、東京での関係先との面談、打ち合わせに臨 …

経営コンサルタントの弟子達との年1回の邂逅

 今日は東京に出張し、案件をこなした後、私の経営コンサルタントの弟子達が1年に1回、集まって開催してくれている、私を囲む会の会場に出かけた。福岡、滋賀からも、2人がこの機会のために駆けつけてくれた。大 …

経営コンサルタントという職業についての内面での葛藤

 私の職業は、企業や団体等の経営者に、経営における課題や問題の解決や改善についての助言をする、いわゆる、経営コンサルタントというものである。前にも何回か書いたように、この職業に就いている者は掃いて捨て …

都会に来ると、無性に森林が恋しくなる

私の職業は、他所に行って、経営などの助言をする仕事なので、その稼働率が向上すればするほど、収益は上がるし、自宅にいない日が多くなることになる。とにかく、特に平日は、どこかに行って、経営の助言をしたり、 …

若手経営者との実のある対話

 先週の経営者向け研修には、30歳代から40歳代の経営者が参加し、林業事業体の経営について、共に真剣に考える場となった。いつの頃からか、私の役割において、経営層に対して、経営というものを語り、現状の経 …