フォレスト・ミッションBLOG

林業の産業としての自立、そして林業に従事する人たちが誇りを持てるように、私たちは、自らが信じる、森林・林業のあるべき姿を、林業関係者の皆様と一緒に創造していきます。

未分類

久々の大阪の夜にて

投稿日:

 昨夜は、大阪で支援先の会議があり、チーム・フォレストミッションの湯浅勲さんと共に出席した。真に森林・林業で森林整備や管理、木材生産等を実践し、また、木材を活用するプロフェッショナル同士の言葉のやり取りは、キレ味の鋭い刀での鍔迫り合いの如く、真剣味に満ちている。そこには、同じように体を張って、林業界の人たちと渡り合っている経営コンサルタントしか通用しない世界がある。薄っぺらい経営理論など何の役にも立たないのだ。

 会議が終わってから、湯浅さんと2時間ほどいろいろと議論をした。「絶望の林業」のことも話し合った。正面からの厳しい批判を受けて、我々として、この業界にどういう提案ができて、どういう支援ができるのか、これまで10数年に亘り、湯浅さんや内田さん達と、我が国林業のあるべき姿を示しながら、地域での森林・林業のあり方、私の方は特に林業事業体の経営面でのあるべき姿を追求し、そこに向かっていく方策を提案してきた。

 今、我々が模索しているものは、近い将来、具体的な形になるだろう。このままでは、我が国の森林も林業も本当にダメになってしまう。そういう危機感を持ちながら、具体的な方向性を示して、関係者の人たちと一緒に行動していく。これは、まさに「終わりなき活動」になる。我々の後継者の育成にも併せて取り組んでいかなければならない。

 ホテルに戻る帰り途、目の前に大阪のビル街が広がった。大阪らしい風景である。1994年から2002年まで、私は大阪市内に住み、そこを拠点に活動していた。森林・林業に関わる前のことだ。その頃は、独立自営者として試行錯誤の時代で、北新地などの繁華街に出かけることなど、まずなかった。あれから20年ほど経って、仕事で大阪に来て、夜、繁華街を歩いたりする。大阪は、東京とはまた違った都会であり、人と人の距離感が近く、元気があり、また味のある街だ。

 大阪のビル街を、「悲しい色やね」を歌いながら歩いた。泣ける曲である。やはり、私も関西人なのか、この曲とか「大阪で生まれた女」とか「月のあかり」とか、「酒と男と女と涙」とか、いわゆる大阪ソングが、自分自身のソウルソングになっているのかもしれないと思った。勿論、この街に来ると、使う言葉はバリバリの大阪弁である。支援先とのやり取りの中でも、「そんなもん、あきません」「話にならん」「アホかいな」といった、鉄板の大阪言葉が飛び交い、妙に心地よかった。若い頃は、この地でさんざん辛い目に遭ったが、もしかしたら、その分も含めて、これから楽しく前向きなことが、ここ大阪から始まるかもしれないということを、秋の気配とともに感じた夜だった。

-未分類

関連記事

林業は本当に絶望的なのか

「絶望の林業」(田中敦夫著 新泉社)という本が、林業関係者の間で話題になっている。私も早速読んでみた。そして、チーム・フォレストミッションのメンバーにも、読むことを勧めた。私個人は、著者の森林ジャーナ …

「秋の気配」が流れる頃

 このところ、このブログで重苦しいテーマの内容が続いているので、今日は少し、気持ちが軽くなりそうな話題にしたいと思う。私の趣味は、大したものではないが、出張の合間に近くのゴルフ場でラウンドをすることと …

都会に来ると、無性に森林が恋しくなる

私の職業は、他所に行って、経営などの助言をする仕事なので、その稼働率が向上すればするほど、収益は上がるし、自宅にいない日が多くなることになる。とにかく、特に平日は、どこかに行って、経営の助言をしたり、 …

経営コンサルタントの弟子達との年1回の邂逅

 今日は東京に出張し、案件をこなした後、私の経営コンサルタントの弟子達が1年に1回、集まって開催してくれている、私を囲む会の会場に出かけた。福岡、滋賀からも、2人がこの機会のために駆けつけてくれた。大 …

観光・別荘地における森林整備のあり方・・・明確な思想が必要

 4年前から居住している、蓼科の別荘地はカラマツを中心に、アカマツや白樺、ナラなどが混交する森林の中にある。植林したカラマツは、切り株をみたところ、だいたい50年から55年生くらいである。こちらに来た …