フォレスト・ミッションBLOG

林業の産業としての自立、そして林業に従事する人たちが誇りを持てるように、私たちは、自らが信じる、森林・林業のあるべき姿を、林業関係者の皆様と一緒に創造していきます。

未分類

多忙な日々こそ存在理由の証

投稿日:2022年10月9日 更新日:

 先々週、先週と、宮崎県や東京、三重県など、あちこちに出張する日々が続いていて、久しぶりに連泊の移動と活動ということで、時間や案件に追われるという、半ば「嬉しい悲鳴」をあげているところだ。その合間に、東京などで友人や知人と会食する機会が複数あったりして、その時間がとても貴重なものになっている。コロナ禍でこの3年近く、人と会って会食したりすることが極端に減って、仕事の出張も殆どなくなり、代替手段としてオンラインでの研修や会議の機会が増えたこともあり、対面でのこういった機会に飢えていたのかもしれない。

 今週は移動の流れで、和歌山県・那智勝浦町の実家に来て、この連休中はここに滞在している。連休明けには、岐阜に移動しICT関係の視察がある。この間、メールなどで、新規案件の問い合わせも複数あって、都度、対応している。物事が少しずつ動いてきたという実感がある。長年に亘って森林・林業の世界に関わり、それなりに懸命に取り組んできた蓄積というものが、ある意味、ブランド化し、それが定着、まだまだ、私や(株)フォレスト・ミッションに声をかけてくれるマーケットが厳然と存在する。その実態に対して、まだまだ頑張らなければならないと自らを鼓舞する日々である。

 その中で、このところ、いくつかの新しい動きが出てきているのは、自分のビジネス人生においても特筆すべきことだと思っている。前にも書いたが、有為な若い人たちを発掘し、彼らが檜舞台で活躍することを支援、自分の経営資源を惜しみなく提供し、具体的な成果を出していくことで、森林・林業界の振興に少しでも貢献する、そういう仕事がすでに始まっている。この先、10年程度、そういう類の活動をしていきたいし、それが、長年、お世話になったこの業界に対する恩返しにもなり、私なりの社会貢献にもなるのだと信じている。

 悲しいかな、自分の今の立ち位置や活動領域では、小さいといえども、林業界をマクロ面で変革していくことは、ほぼ不可能である。一方で、関係筋=マーケットに対するそれなりの発信力と影響力はまだあるので、常に「あるべき姿」というものを継続して発信し続けていくことは重要だ。しかしながら、本当に「ここが変わった。改善された、問題解決を実現した」と胸を張っていえる実態は、ミクロの部分のしかも、個別の案件においてしか存在しない。自分の行動理念は、つまるところ「実践主義」「行動主義」であり、ありきたりな「評論家」「助言者」に終わるつもりはない。これから約10年間の活動は、そこに収れんしていくのだと思っている。

 

 

-未分類

関連記事

人材育成に終わりはない

 今年度下期の案件においては、人材育成にかかるものが多くなっている。林業事業体の経営者や役員、経営管理者、中間管理職、一般職員、森林施業プランナー、現場技能者等々、国や都道府県・関係団体等が主催する事 …

京都新聞社強欲オーナーには、哀しみしか感じない

京都新聞社本社(京都市中京区)筆者撮影  有力地方紙の京都新聞社のオーナーである、元顧問の白石浩子氏が、長年に亘り、勤務実態がないのに、総計19億円もの不当な報酬を得ていたとして、現役の記者らが同氏を …

no image

厳しい冬もあと2週間ほどか

 昨日、東京での案件が終わったのが、午後5時前で、午後6時新宿発のあずさ号に乗り帰路についた。茅野駅を降りると、結構、吹雪となっていて、駐車場に置いていた車にもかなりの雪が積もっていた。その雪を払い、 …

森林所有者の無関心化には加速がかかっている→時間がない

 森林組合の経営診断などで、組合員のヒアリングをすることが多いが、そもそも、そういうところに出てくる人は、まだ、森林に対して関心を持っている方である。父親が植林をしたとか、自分自身も若い頃は、下刈りと …

森林施業プランナー育成への想い

森林施業プランナー育成研修の最中なので、森林施業プランナーについて触れようと思う。森林施業プランナーは、林業における、重要三人材(他は森林総合管理士・現場技能者)に位置づけられている。私は、専ら、森林 …