フォレスト・ミッションBLOG

林業の産業としての自立、そして林業に従事する人たちが誇りを持てるように、私たちは、自らが信じる、森林・林業のあるべき姿を、林業関係者の皆様と一緒に創造していきます。

未分類

観光・別荘地における森林整備のあり方・・・明確な思想が必要

投稿日:

 4年前から居住している、蓼科の別荘地はカラマツを中心に、アカマツや白樺、ナラなどが混交する森林の中にある。植林したカラマツは、切り株をみたところ、だいたい50年から55年生くらいである。こちらに来た際、自宅の近隣の森林をみて、かなり混み合っており、枯死した樹木がそのままになっていたり、倒れた木がかかり木になっていたりして、見た目にもよくなかったので、間伐の必要性を管理会社に指摘した。

 それから2年経って、別荘地でも間伐の補助金が出るようになったとのことで、今年の春から路網を開設しながら、間伐施業が始まった。これはいいことだと思って喜んでいたところ、我が家の裏にある森林の間伐の様子をみて驚いた。リゾート地や別荘地というある意味特殊な事情を踏まえた間伐をしていないのだ。私は林業の実務者ではないが、全国の森林をみて歩き、それなりに勉強もして、普通の人よりは森林や林業のことを知っているつもりだ。何がいけないかというと、①劣勢木だけを専ら伐採していない。②山桜とかナラとか大事な広葉樹も切り倒している。③生産目的ではないのに、作業道の幅員が広すぎる。④林地残材を斜面に放置し、落下する危険があり、また景観的にも見苦しい。⑤将来、どんな森林にしていくのかという目標がみえない。等々である。あまりにひどいので、管理会社の責任者を呼んでもらい、上記のようなことを説明し、手直しを要望した。結果的に、責任者の人もこれらを理解して、林地残材の片付けなどの作業が実施されて、それなりの形にはなった。

  観光地や別荘地における森林の価値は、いわゆる「「プライスレス」である。別荘の利用者は、その価値に対して管理費等の対価を支払っている。森林の多面的機能でいえば、「保健・文化機能(レクレーション機能)」がメインになり、防災機能、水源涵養機能などがその価値の構成要因となる。林産物生産機能などは、薪など少しはあるにしても殆ど無視してもいいと思う。ということは、その森林整備には、デザイン性が重視され、もっといえば、どんな森林にしていくのかという明確な思想なり哲学が必須になる。今回、私が指摘をしたことで、今後の間伐施業について、そういった方向で進めてもらえることを、一住人として期待をしているところだ。


-未分類

関連記事

久々の大阪の夜にて

 昨夜は、大阪で支援先の会議があり、チーム・フォレストミッションの湯浅勲さんと共に出席した。真に森林・林業で森林整備や管理、木材生産等を実践し、また、木材を活用するプロフェッショナル同士の言葉のやり取 …

森林組合はきちんと本業で儲けなければならない

ある森林組合の事務所(長野県)  いまから9年前、「森林・林業再生プラン」森林組合改革・民間事業体育成検討委員会の席上、委員だった私は、多くの委員が、我が国の私有林において森林整備が進まないのは、森林 …

新たな時代の価値観に向けて

 ゴルフクラブのヒットシリーズである「XXIO」(ダンロップエンタープライズ)の新商品のコピーに次のようなものがあった。「時代は変わった。仕事中心から、自分の時間優先へ。付き合い重視から、自分に心地よ …

経営コンサルタントの存在理由の最たるものとは

私の職業は、いわゆる経営コンサルタントである。それも、林業に専門化した林業経営コンサルタントと自称している。正直なところ、経営コンサルタントという名称は好きではない。玉石混淆であり、人間的にまともなの …

森林施業プランナー育成への想い

森林施業プランナー育成研修の最中なので、森林施業プランナーについて触れようと思う。森林施業プランナーは、林業における、重要三人材(他は森林総合管理士・現場技能者)に位置づけられている。私は、専ら、森林 …