外部コンサルタント紹介:内田健一

森と木の技術と文化研究所 代表

1967年神奈川県生まれ。信州大学農学部林学科卒。森林開発公団職員を辞め、信州大学大学院修士課程修了。伐採業者作業員、森林組合作業班長などを経て信州伊那谷で林業の親方として独立。2001年岐阜県立森林文化アカデミー講師、同助教授を経て2005年退職。2009年北海道黒松内町に移住し、2010年「森と木の技術と文化研究所」を設立。
 
団体職員、現場作業、研究教育など、森に関する各種職業に従事しながら、一貫して現場の視点から日本の森を見つめてきた。そうした経験を生かし、現在では地元や全国の森と林業を活性化するためのサポート活動を積極的に行っている。

最近は間伐技術の講義や選木実習など、森づくり分野の専門知識を生かした活動が多い。刃物やチェーンソーなど現場作業から、造林、作業システム、人材養成、国・地域の課題や外国との比較など、幅広い分野を得意とする。

主な活動実績

  • 岐阜県立森林文化アカデミー教員内定者開学事前準備事務局次長(平成12年度)
  • 林野庁事業:施業集約化・供給情報集積事業「実践体制基礎評価」審査員(平成21~22年度)
  • 林野庁事業:森林施業プランナー育成対策事業 委員(平成23年度)
  • 全国森林組合連合会主催「森林施業プランナーステップアップ研修」講師(平成23~24年度)
  • 林野庁事業:「緑の雇用」現場技能者育成対策事業 集合研修委員会委員(平成24年度)
  • 林野庁事業:「緑の雇用」現場技能者育成対策事業 フォレストマネージャー研修講師(平成23~24年度)
  • 黒松内町環境審議会委員(平成23年度~)
  • 黒松内町生物多様性地域戦略策定検討委員会委員(平成22~23年度)
  • 黒松内町事業:里地・里山再生指導業務委託事業を受託(平成22年度~)
  • 黒松内岳ブナ林再生プロジェクトの活動をサポート(平成22年度~)
  • 社団法人国土緑化推進機構・NPO法人ウヨロ環境トラスト(北海道白老町)共催 森林ボランティア指導者養成「育林技術研修会」講師(平成22~23年)

主な著作